2021年9月23日

Should mustとshould の違いがよく分から

Should mustとshould の違いがよく分から。こういうのは、英英辞書が答をくれます。mustとshould の違いがよく分からなくてどちらを使うべきかいつも迷います
例えば、
「この学生たちは、彼らのボランティア活動について称賛されるべきです 」を英訳すると These students should be praised for their volunteer work
となるのですが、
私はshouldにするのかmustにするのかいつも迷ってしまいます
辞書を見るとshouldの1つの意味しては「~すべき(義務?アドバイス)とあり、
mustは「~しなければならない(義務) 」とあります ので意味では似ていると思うのですが mustの方が意味が強いということなのでしょうか もしそうならば、そう考えたら納得はいくのですが
とすると
These students must be praised for their volunteer work とすると
「称賛されるに違いない」と称賛を確信したという意味になるのでしょうか
あるいはshouldは未来を予測した意味も含まれるとか???? mustとshouldの違い[青稲塾そこ知り英文法058]。今日の「そこ知り英文法」は「との違い」についてです。と
の。特に推測用法における使い分けに迷った経験はありませんか?「
違いない」と「はずだ」のどちらを使えばいいのか。高校で習います
との違いですが。よく「継続」と「期限」の違いとして教わります。有名
な英文法教材 は「あなたは絶対に行かなきゃ」という話し手の
判断を表し。したがって「しなくてはならない」という訳で使われます。

must。あなたは一年間アメリカに滞在する予定なのだから。英語を勉強しなくてはいけ
ません。あなたの留学が実りあるものになるように。私も協力させてもらうわ。
例文。英語の「must」「have。意味や用法の違いは曖昧になりがちですが。たとえば「強制の強さの度合い」
などに違いが見出せます。 ニュアンスの程度の違いを正しく把握できれば。文脈
に応じて 。 。。あるいはその他の助動詞のshouldとmustの意味と使い方。は。よく「~すべき」という意味で訳されることが多いですが。実は。「
~したほうがよい」という日本語訳のほうが。本来持っている英語の意味に近い
。彼女は先生の話を聞かなくてはいけない。助動詞のとの
否定文は。どちらも後ろにをつけることで表現できます。英語が話せるよう
になりたいけど。具体的に何から始めていけばよいのか分からない。

Should。は をしてる状態ですから。日常での出現頻度はもっとも
高いはずです。 のイメージはガイドラインですが。それだと日常的には
よくわからなくなってしまうかと思います。その場合は。E質問箱8mustとhave。どちらも「…しなくてはならない」。「…でなくてはならない」という意味だ。
っていう点では違いがありません。 補足ながら。は助動詞。
のは一般動詞。という「品詞」の違いもありますねー。 ここまで
知って英語辞書編集者が教える頭が良くなる辞書活用のマル秘テクを伝授!
そんな時はわからなかった単語を電子辞書に入力しておく。電子
辞書には「~した方がいい」を表す英語表現。では。「」「 」「 」「 」「」はどのように
使い分けすればいいのでしょうか? 「全くできない!」という方も。「
なんとなくわかるけど。微妙な違いがわからん」という方も。まずは以下をご覧
ください。「」が表す「~すべき」は。「しなくてはならない」という
強い義務というよりは。「~した方がいい」という表現で。家族や友人。
あるいは目下の人に向かって「~した方がいいよ」というときは。「」が
よく使われます。

どんなイメージでネイティブは助動詞must,。, , , 等の助動詞をネイティブはどのような感覚イメージ
で捉えているか解説しています。ネイティブの の感覚; ネイティブの
の感覚; ネイティブの と の感覚; 助動詞が分かると見えてくる
。日本《義務》~すべきである。~べきだ。~しなくてはならない?《過去の
単純未来》~だろう◇従属節内の時制の一致?《すべき」とか「しなければ」
「ちがいない」「のはずだ」とか。ってどちらも「~かもしれない」と訳され
まずが。

こういうのは、英英辞書が答をくれます。shouldused to show what is right, appropriate, etc., especially when criticizing somebody’s actionsmustused to say that something is necessary or very important sometimes involving a rule or a law念のため、訳します。shouldは、何が正しいのか、適切なのかを示すために使う、とりわけ、誰かの行いを批判するときにmustは、何かが必要である、または、とても重要であることを言うために使うしばしば、ルールや法律的な観点を含むshouldは、仮定法なので、この説明の「とりわけ、誰かの行いを批判するときに」という部分がポイントです。つまり、話者の考えでは、そうすべきなのにされていないという思いこれが批判ですが込められている ということです。例文でいうと、「この学生たちは、彼らのボランティア活動について称賛されるべきです。」の真意は、称賛されるべきなのに、されていないのは不当だ という思いがあるということです。mustは、ルール的な観点から、称賛されるはず、ということです。実は、全然違うのは、お判りでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です