2021年9月25日

[Sentences] オブラートに包む という日本語が

[Sentences] オブラートに包む という日本語が。わたくしが書いている段階で最新の投稿をなさっているmuk********さん。「オブラートに包む」 という日本語がありますが、 私は正確には「オブラートで包む」または、「オブラートに包まれた」という方が自然かと思います 多分実際の澱粉から作られたオブラートから派生してできた言葉だと思うので、そのように考えたのですが みなさんはどう考えますか まぁ、そういうもんなんだよっていう答えになってしまうかもしれないですが、一応気になったので質問しました よろしくお願いします 要注意。日本語では。体裁のよいトゲのない表現でやんわり述べるさまを「オブラートに
包んで言う」のように表現しますが。これを英語では と表現します。
「糖衣でコーティングする」というオブラートに包むって英語でなんて言うの。言葉に糖衣をかける」→「オブラートにつつむ」ということですね。日本
回答 「直接的な表現を避ける」の
意味です。 場合によっては。このようにというものがあります。

「オタクはめんどくさい」を。があります。「オタクはめんどくさい」を声優の悠木碧さんがオブラートに
包んだ言い方をしたみたいです。オタクはめんどくさい」を限界まで
オブラートに包むとこうなるという日本語の奥ゆかしさ 時分直接的な言い方を避ける意味の「オブラートに包む」は英語でなん。ネイティヴにとっては当たり前の言い回しなのに。日本人には理解しにくいよう
な表現ってありますよね。トゲのないよう。ぼかして伝えることを日本語で「
オブラートに包む」と言うが。英語で表現できるのだろうか?慣用句「オブラートに包む」の意味や使い方は。端的に言えば「オブラートに包む」の意味は「遠回しに言う」だが。もっと
幅広い意味やニュアンスを理解すると。使いこなせるシーンが増えるぞ。大学
年生。英語だけでなく日本語の四字熟語や慣用句も勉強中。日常会話の
中でも耳にするこの慣用句ですが最近では死語になってきているという意見も
ありますね。

[Sentences]。私の地元には。桑畑があちこちにあります。私の息子は。ある日突然。堰を
切ったように日本語をペラペラ話し始めたんです。私は。お金が欲しいという
メールを百通以上ビル?ゲーツに送りましたが。まだ返事をもらっていません。「オブラートに包んで」の意味や使い方。「オブラートに包んで」はマ行五段活用の動詞「オブラートに包む」の連用形で
ある「オブラートに包み」の撥音便形に。日本語活用形辞書はプログラムで
機械的に活用形や説明を生成しているため。不適切な項目が含まれていることも

わたくしが書いている段階で最新の投稿をなさっているmuk********さん の名前をあげさせていただきますが、muk********さんの説明は不自然です。あえて本文ではなくカッコの中に書きますが、mik********さんのご回答は、言葉に関する記述のほぼ全てがおかしい。おかしい記述を一つだけ挙げます。《ご想像通り、オブラートに包むの「オブラート」とは、でんぷんなどで作った薄い膜のことで、苦い粉薬を包んで飲むのに使用したもの。》とありますが、質問者さんは、オブラートが何で作られ何に使われるかなどは想像していません。「オブラート」という実在のものから生まれた言い回しだろうということを想像しているのです。さて、muk********さんご回答の不自然な点の一つめは、オブラートを「容器」に置き換えて説明している点です。「容器」とは、箱やペットボトル、カップや袋のように「物を入れる器」のことです。大雑把に言えば、奥行きと上下左右の幅があるのです。オブラートはそれらのように物を「入れる/容れる」ための「器」ではなく、「包む」ためのものです。使用方法の違うものに置き換えたため、本質から外れ、しかし一見もっともらしい説明になっているのです。たとえばオブラートと同じく薄い膜状のものである「紙」に置き換えたらどうでしょうか。「紙に包む」「紙で包む」と言えるでしょう。あるいは「ラップ」に置き換えましょう。「ラップ に包む」「ラップで包む」。もしかしたらほかの方々が正解としている「紙に」「ラップに」をおかしく感じはしないでしょうか。薄いものではない「しゃもじ」を例に出すのも不自然でおかしいのですが、「で」が道具を表すというのは見識です。この説明では、動詞「包む」を使う物を登場させないといけない。これでやや軌道が修正されそうになります。が、《オブラートは包むときに使う道具ということです。しかし、オブラートを道具として使って包むのではありません。》と書くに及んで、それが叶わなくなりました。オブラートは包むための道具ではないのですか?たとえば紙は箱を包むための道具でしょう?まさかここで「道具」と言っているのは、そのオブラートや紙を操作する「手」だというわけではないでしょう。つまり「で」は道具を表すのですから、「オブラートで包む」と言ったら、紙でもラップでも、「ほかの何でもなくオブラートで」という意味合いを含むのです。「オブラートに包む」と言ったら、その行為自体に重点が置かれます。だからその行為自体を言い表したいときには、すなわち慣用句的に言いたいときには、「オブラートに包む」のほうが多く選択されるのでしょう。しかし「オブラートで」と言うのを間違いだとは言い切れません。結論。言い表す内容どこに重点を置くかによって「オブラートにつつむ」「オブラートで包む」「オブラートに包まれる」のどれも成立する言い回しです。せっかくなので、ほかの方のご回答にも触れておきましょうか。まず「?で???で」と、「で」の連続を嫌ったという推測について。おそらく違うでしょうね。それを言い始めたら「ジュースをコップで飲んで」「歯でよく噛んで」「心筋梗塞で死んで」とか、ぜんぶ変える必要が出てくる。しかしその例は一つもない。「オブラートの中に包む」の方が「オブラートで包む」よりもやんわりとした感じがするなぁ「オブラートに包まれた」て言い方は誰が包んでいるかによって変わってくるんじゃないの「オブラートに包む」と「~で包む」を比較すると、「に」の方は、包まれた状態でオブラートと一体の姿に変わったもの、が見えます。「で」だと、包み方の説明をしているだけで、変貌してできあがった新たなもの、の印象が後退します。例私は「オブラートに包んだものいい」が好きです。 彼は、厳しい言葉をそっとオブラートに包んだ。あえて英語的にたとえると、「by」ではなくて「in」に近い関係でしょう。「包まれた」は、受け身にすることで「もの」を主役にしてしまった印象です。あくまで、中心にあるのは「包もう」とする主体者主語の意識だと思います。「容器に入れる」というのが自然で「容器で入れる」は不自然です。「オブラートに包む」という場合、オブラートは容器にあたるので、「オブラートに包む」が自然です。「ビンに詰める」「茶碗に盛る」「タンスにしまう」「風呂敷に包む」と同様で「オブラートに包む」です。ご飯を茶碗に盛るとき、しゃもじを使います。そういう時「しゃもじで盛る」と言います。「オブラートで包む」と言ったら、オブラートは包むときに使う道具ということです。しかし、オブラートを道具として使って包むのではありません。オブラートの中に包むのですから「オブラートで包む」ではなく「オブラートに包む」です。どちらもあり。??を △△に包む△△を ??で包む壁をペンキで塗るペンキを壁に塗るかべぬり代官という有名な文法現象です。質問者さんがおっしゃるように、実際の場面では「薬をオブラートで包む」という言い方をすると思いますが、ただ、慣用句では、「オブラートに包んで、.」という言い方が多いため、「オブラートで包んで」の「で」連続を嫌って、「オブラートに包んで」という言い方になったのではないかと思います。オブラートに包まれたは違うとおもいますがご想像通り、オブラートに包むの「オブラート」とは、でんぷんなどで作った薄い膜のことで、苦い粉薬を包んで飲むのに使用したもの。「オブラートに包む」という慣用句は、苦い粉薬をオブラートで包んで飲みやすくするように、相手を刺激する直接的な表現を避け、やわらかい言い方に換えるという意味である。つまり、真剣な交際を求める相手を断る場合、「格好がダサすぎ」とは言わず「趣味が合わない」、「キモい」とは言わず「私にはもったいない」、「ウザい」とは言わず「性格の不一致」といった調子……。 ただし最近は、苦い薬はカプセルに入っていたりして、「オブラートで包んで飲む」という行為が過去のものになろうとしているので、この言い方そのものがオブラートのような薄い膜で包んだ意味のよくわからない言葉になってしまっている感は否めない。ポイントは、後に来る動詞です。格助詞「で」は、動作?行為性の動詞の場合に使われ、格助詞「に」は、存在性の動詞の場合に使われます。「~で…する」「~に…がある?いる」というのが原則です。オブラートに包むは短すぎて当てはまるか疑問もありますが話す場所+オブラートに+包むもの話を包む必要があるオブラートで包む話す場所+オブラートで+包むもの話を包む必要するに無理やり感はありますが当てはめたらやはり、文法を守るとオブラートに包むになったのかなと思います。でも現在オブラートを知らなければ、オブラートで包んで言ってくれてもいいじゃない!など発生してるかもしれないので定義は無くなる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です