2021年7月30日

Nittaku 中一から部活で卓球を始めた中一女子です

Nittaku 中一から部活で卓球を始めた中一女子です 。>質問1>女子で裏裏はやめといた方がいいんですかね。中一から部活で卓球を始めた中一女子です 私の戦型はカットマンなんですが、顧問に異質か、裏裏どちらか決めておくことと言われました 私は裏裏をしようと思うのですが、裏裏は男子などの強いボールを防ぐことがあまり出来ないとよく耳にします 質問1? 女子で裏裏はやめといた方がいいんですかね 質問2?? カットマンのデメリット、メリットを教えてください 質問3?? 異質のメリット、デメリットを教えてください 10年以上シンガポールに住んでいたので日本語がまだ下手です 伝わらなかったらすみません技術のソノサキ。では。部活顧問から戦型の押し付けが行われる非常事態と。裏ソフトが総合
的には最も優れているという私の考えについて述べました。今回から三回に
分け。中学校で卓球を始める子供たちの戦型の決定について考えていきます。
教員による押しつけ 中学女子の卓球では。ペンに粒高を貼った前陣異質型が多く
存在するのが特徴的です。私が現在外部コーチをしている学校では前陣異質の
人数が最も多く。そこにドライブ主戦型。カット型と続きます。どうも

卓球ラバー。中学校から卓球を始める方向けに。1年間のラバーのステップアップ案を紹介し
ます。そして2年生になったら。自分がなりたい戦型や自分の長所?短所に
合わせて最低限抑えておくべきポイントをまとめました!, 中学校から部活で
卓球を始める方卓球部に怖い先輩いましたか, 女子で。卓球部のカットマン
です。卓球練習メニュー:中学生から始めて関東学生会長杯で優勝した方法。関東学生卓球連盟会長杯で優勝した管理人が。短い練習時間でも試合で勝てる
練習方法をお教えします。そんな私ですが。実は。卓球を始めるのは遅く。
中学一年の部活からでした。 中学と高校は卓球強豪校ではなく。自分がカット
マンで。基礎練の時間にカットの時間がないなら。ここで練習する。慣れてき
たら。相手の卓球の戦型の選び方試合で勝てます!

酪農学園大学。酪農学園大学卓球部のHPですメンバー紹介部活中もイベント中も優しい笑顔
でみんなを包んでくれる。戦型。右シェーク?裏?粒 カットマンそこだけ
に注目すれば頼りになりそうだが。ケーキを1ホール1人で食べきったり。2
週間でラーメンを12回食べたり。生クリームを飲ん会う度に髪色を変えてい
て。会う度に「髪色変えたね」という会話から始める。しかし。自分を変える
べく表に変更しまた1からスタートした。彼女は女子の中では唯一のカット
マン。Nittaku。フォアカットはコツをつかみガンッと力を入れ回転をかけることもでき。
ナックルボールも入れることで相手を混乱させることが出来ます。 私は半粒を裏
に使っています。もう相性抜群です。 中学から卓球を始めた人にオススメですね

「私は中学校の時卓球を始めました。私は中学時代バレーをやっていました。 私は中学校で今年の4月から英語を習い
始めたばかりです。 私は中学校で英語を習い始めたばかりです。新着記事一覧。中学から卓球を始め勝ち上がる為のブログの全記事中ページ目-件の
新着記事一覧ページです。とてもうれしいと同時に下手すると男子も女子も市
内なら優勝が狙えるところまで来ていると思います。特に男子は○○だな所
です。 カットマンのラケットはバックに粒高を貼ることが多いので板が
やわらかいと変化が出にくく堅いと飛びすぎてしまいます。この戦型をチーム
に一人用意しておくことで大会で当たったときに戦術に迷わなく戦うことが出来
ます。カット

卓球の戦型。中学年から学校の卓球部に入り卓球をしていましたが月で県の総合体育大会も
終わり。今は夏休みです。そこで質問なんですが。僕は自分から攻撃して攻め
ていく戦型はあまり好きではないのでカットマンに学校の部活やクラブチーム
ではフォームや回転を求められてこういう部分が置き去りにされがちです。
カットに限らず簡単なことから始めるとこが光沢のコツだと思いますので。今の
遊びの卓球場はいい環境ではないですか? 中の女子で卓球部です!

>質問1>女子で裏裏はやめといた方がいいんですかね?そんなことはありません。回転を掛ける、相手のボールを抑える感覚を身につけるには裏の方が適していると思います。>質問2??>カットマンのデメリット、メリットを教えてください。メリット:元より少ないため、苦手な人が多い。デメリット:覚える技術が多い。>質問3??>異質のメリット、デメリットを教えてください。メリット:裏よりも抑えやすく、相手の回転を利用して切ることができる。デメリット:異質を貼っている側の攻撃が難しくなる。自分から回転が掛けられないと相手にとって打ちやすい球になりやすい。質問1女子で裏裏はやめといた方がいいんですかね?むしろ、裏裏の方が良いでしょう。あるいは裏表かな。理由は3の回答で。質問2カットマンのデメリット、メリットを教えてください。「頭を使うこと」これが、メリットでもありデメリットでもあります。攻撃型は「勝つ」戦型ですが、カット型は「負けない」戦型です。相手に点を取られないことを基本として試合を組み立てます。そのためには、こちらがミスしない技術力がもちろん必要ですが、相手にミスをさせる戦法も必須です。ツッツキを切ったり切らなかったり、相手の苦手コースを狙ったり、わざと高めのボールを上げてみたり、たまに攻撃を仕掛けて相手の待ちを外したり……これらを試合中に考えながら行わないと、カット型は勝てません。特に女子の場合、カット型に対しては、ミスを恐れずガンガン攻撃!みたいな選手は少なく、丁寧に繋いでくる選手が多いので、「ミス待ちのカット型」は勝ちにくい。だから「ミスをさせる戦法」が必須。頭を使えれば強いし、使えなければただの的。これがメリットでもありデメリットでもあります。質問3異質のメリット、デメリットを教えてください。一口に異質、とは言っても、裏×粒、裏×表、裏×アンチなど、いくつもあります。昨年Tリーグに参戦していた相馬選手は、フォア変化表×バック裏ソフトでした。とりあえず各種について。粒高強打が抑えやすい。相手の強打が強ければ、それだけガッツリ切れたカットが出せる。切ったり切らなかったりの変化がつけにくい。相手のツッツキに対して単調になりなすく攻撃もしにくい。表ソフト相手のツッツキに対して切ったり切らなかったり、あるいは攻撃しやすい。カットにナックルを混ぜやすい。球離れが早いので、カットを安定させるのに練習が必要。アンチ回転の影響を受けにくく、とにかくカットを安定させやすい。切ったカットが難しい。自分から回転をかけにくい。ほぼナックルになる。などと考えると、裏×裏か、裏×表が良いと考えます。女子の試合では、攻撃対カットでは、ほとんどがツッツキ対決になります。ドライブ対カット、という場面はあまりありません。ツッツキ対決では、粒高やアンチは圧倒的に不利です。すぐに打たれてしまいます。また、女子のボールでは、粒高でないと抑えられない、というボールはあまりありません。それらの理由から、トップ選手であっても、カットの女子は裏×粒は少なく、裏×表ソフト、あるいは裏×裏が主流となっています。ベテラン裏裏カットマンです。長文です。1どんなラバーでカットするかは、基本あなたの自由です。が???????あなたのレベルにも因りますが地区大会でシードが取れないレベルならば裏裏でカットマン基礎技術習得の徹底を薦めます。Fフォア?Bバック共 同じ種類?同じ厚さ中以下のコントロール系OR高弾道系の柔らかいラバーを貼り相手が掛ける回転を利用?上書きする技術?感覚を身に付けましょう。F?B共 同じラバーでカット?ツッツキを覚える事で感覚的な違いがなくなり両ハンドが違和感なく連動出来る様になります。カット?ツッツキ共 切る事を意識せず高い打点で球を捉え低く速いカット?ツッツキを相手台奥15㎝以内にミスなく返し続ける意識を徹底しましょう。※低く抑える事は、切る事ではない!相手打球飛球線頂点で球を捉えラケットを当てる角度?スイングの角度を合わせネットすれすれに直線的なカット弾道が返る角度を探しましょう。×山なりの弾道〇直線的な弾道滑る様な弾道でバウンド後も滑っていく男子との練習で打球の回転が強力でカットが浮いてしまうなら面の角度を地面に対しもっと垂直にスイング角度を地面に対しもっと垂直にフォアカットなら体重は右足にのせたままバックカットなら体重を左足にのせたままカットしましょう。馴れれば女子の回転が楽に感じる位で抑えられます。力を入れるイメージは相手が全力ドライブならあなたのカットは全力の4割引き位です。2カットマン=カット主戦オールラウンド型カット?ツッツキ?プッシュ?スマッシュなど全ての技術を習得できる戦型でその分 強くなる迄攻撃型より時間が掛かります。が???ある程度の技術?フットワークを身に付ければ攻撃型より対外試合で勝ちやすくなります。現在の卓球人口中カットマンの割合は10%を切る位でとても希少で相手校にもカットマンは少なく対カットマン対策が殆ど出来ません。更に異質カットマンと異なり自ら変化をつけられる裏裏カットマンは殆どいません。あなた自身が部内練習中 ラリーでミスる事なくフォア?バック共100往復程度切る事を意識せず低く速いカットを返し続ける力がつけば地区大会でも上位の成績が残せます。3初心者カットマンがバック技術を粒高?アンチで覚えると卓球の基礎中の基礎技術である相手回転を利用?上書きする技術が全く身に付きません。現在活躍しているトップ選手を含め 多くのカットマンはカット初級者時期に技術習得を裏裏?裏表で行いその後、自身の求めるプレースタイルを求めるに際しB面に裏?表?粒高?変化表?アンチなどを選択しラバーや技術で変化の差に磨きをかけるのです。裏裏?裏表でその技術を身に付ければその後裏粒に転向してもその技術が応用できます。異質ではサーブやバックで攻撃をする際ラケットを反転し裏ソフトで行いますが裏裏なら反転する必要がなくカット?ツッツキでも異質用の打ち方をする必要がなく技術がシンプルになります。粒高?アンチは裏?表に比べ相手回転の影響を受けにくく打ち方に因っては相手回転を反転し打ち方に因っては相手回転をナックル化し相手のミスをさせる戦い方が出来ます。が?????F?Bでラバーの色が違うので粒?アンチで打ったのがはっきりバレてるので対策を取っている選手には、全く通用しない時があります。裏裏でもいいのかな。どっちの面をフォアかバックにするかで球の延びも違いますよ。質問①女子で裏裏はやめておいた方がいいか?→回答1=カットマンの基本は裏裏です。止めておいた方が良いかでは無く一度は経験しなさい。バックカットで切る技術は裏ソフトが一番手っ取り早く習得できます。質問2カットマンのデメリット回答2=ついつい粘ってしまって決定打を打てない。質問3異質のデメリット回答3粒の性能に左右される。つまり粒に慣れてない相手=カモ粒に対して対策を持っている人=貴方がカモって事です。裏粒カットマンはある意味カットマンの完成形です。使いこなせたら最強ですが、格好から入ると痛い目をみます。最初は裏裏で技術を研くべきですね。どのレベルを目指すのか?によりますよ。本当に練習して練習して、技術を身につけ、大会で勝つような選手になるつもりであれば、裏裏でもいいですが、そこそこのレベルでやっていくつもりであれば、裏異質の方が楽に勝てると思いますよ。とにかく返すだけでも、チャンスボールを作れたりしますから。また、反転して変化をつけるのもありですしね。時々カットマンのアラフィフ女子です。高校生の頃は両裏でカットしてました。アラフィフで練習を再開したのですがフットワークに難ありで。バックカットが得意なのでバックを裏、フォアはあまり下がらずカット出来るように半粒にしました。カットマンも攻撃出来ないと勝てないというのは他の方もおっしゃる通りです。出来れば両ハンドから攻撃出来るのが望ましいので、バックに異質を貼るとフォアでしか攻撃が出来ません。カットマンがバックに異質を貼るのはその反転性能を利用して相手のドライブを強い下回転にして返す為ですが、中学生女子でそこまで使いこなせている人はまずいません。バックカットが苦手な人が無難に合わせて返してくるのが多いです。うちの娘たちはドライブマンですが、カットマンを打ち崩すのが得意です。特にバックに異質を貼っているカットマンに対しては執拗にバック責めして打ち崩します。嫌なのは両裏のカットマンだそうです。うまく切ったり切らなかったり混ぜられたら回転が読めません。そして甘い球は打ち返してきます。まずは両裏でカット出来るように練習してください。同時に攻撃練習もしてくださいね。1、裏裏カットはやめとけ?→異質は強いドライブに対して変化させて返しやすいけども、裏ソフトは相当ボールタッチの柔らかさが無いと難しい。あくまでもカット主体なら裏裏は厳しくなる。しかしながら、自分のカット処理の限界を超える攻撃対しては、代用となるナックルカットや、横回転系の処理、あるいはカットにこだわらず、カウンタードライブ系ドライブやブロックやフィッシュ、ロビングなどの処理を駆使するなら、断然裏ソフトの方がいい。また、女性に多いツッツキラリーもやりやすい。2、カットマンのメリットデメリット→メリット希少価値が高く、普段のラリーと異なる展開なため、カット対策が不十分な人も多い。相手の攻撃を見切ったら、それを凌いだり、攻撃戦術をミックスしておけば勝ちやすい。→デメリット一定レベルから勝ち上がり難くなる。やはり攻撃力の高い相手の攻略がカギとなる。カットの指導者も少ない。3、異質のメリットデメリット→メリット裏ソフトにはない特殊な球が出やすく、やはりこれも希少性が高く、対策が不十分な相手は多い。→デメリット回転をかけにくく、そのため特定のテクニックしかできないこともあり、全般にコントロールが難しい。特に擦るインパクトが主体な人ではならなおさら。止める、弾く、流す、というインパクトやスイングを早くマスターしたい。1.どちらとも言えません。それぞれ一長一短ですから。裏裏のメリットはとにかく自由度が高いこと。回転をかけるも止めるも自分の技術、練習次第でなんでもできますし、バックハンドの攻撃が粒高よりも威力が出ます。デメリットはやはり回転量の多いドライブをバック裏ソフトで抑え切ることが難しいことです。ただ、中学女子はドライブでカットを打ち続けるよりも、ツッツキ合いからスマッシュやミート打ちのチャンスを狙うような展開が多くなりますから、そこまで気にしなくてもいいかと思います。ドライブを連続で打たれて戦うレベルになる頃には裏ソフトの扱いも慣れているでしょう。2.メリット?ツッツキ合いに強い→先ほど申し上げたように、中学女子はチャンスをスマッシュで狙うことが多いので、それより前のツッツキの精度がモノを言います。カットマンはツッツキをメインに戦うことがわかって練習するわけですから、周りよりはツッツキが上手になります。この時点でかなり大きく周りと差をつけられます。デメリット?弱点が共通しているミドル攻め、無回転ドライブ、前後への激しい揺さぶり、短い上回転サーブ、、、などなど、カットマンを倒すための定番パターンが世間では出来上がってしまっているのです。カットマンとして練習していると、これらが自然に苦手になります。仕方のないことです。なので、「チームメイトが誰も勝てなかったような人に勝ったのに、あんまり強くないがカットマン攻略だけはかなり得意な相手に当たった瞬間ぼろ負けする」なんてことが起きたりします。?練習量がそれなりに必要→ツッツキやカットが甘ければ相手に一方的に攻撃されて終了です。相手に強打を食らわないためのツッツキやカットを練習していると、自然に攻撃の練習をする時間が周りより少なくなります。だらだら練習して、「ツッツキが甘い、攻撃も周りより下手」という状態になれば絶望的です。妥協なき練習が必要ですね。3.粒高と仮定します。メリット?扱いやすい→正直粒高はすぐに慣れます。相手の回転をある程度無視できるので、とりあえず入れるだけなら裏ソフトよりも神経を使わないでしょう。?強ドライブに強い→相手の回転に影響されにくいので強打を抑えやすいですし、簡単に切ることができます。?変化がつく→違う種類のラバーを使っていますから、打つ面によって球質が変わります。デメリット?ツッツキ、ナックル処理が難しい→ツッツキを切ることは非常に難しいです。浮いてしまえば裏ソフト以上にチャンスボールでしょう。しっかり低く深く狙う練習が必要です。ナックルボールに対してナックルしか返せないというのもつきまといます。コースやタイミングを工夫したりしなければなりません。長くなりましたが、なにか不明点があれば補足いたします。カットマンは楽しいですよ。誰にでも言えるのですが、女子はまずとにかくツッツキ。ツッツキです。低く、相手コート深くにコントロールしていくらでも粘れるように練習しましょう。練習相手とツッツキだけの試合をしてみるのもいいでしょう。私も母国語が日本語とフランス語なので、もし伝わらなかったらすみません。1カットのスタイルに慣れるまでは裏裏のほうがいいと思います。粒高はいろいろと難しいので。2カットマンはカットだけでは勝つことが難しいので、チャンス球を決められないとモノになりません。ということは、守備技術だけではなく、攻撃も練習しないといけないので、大変です。また、攻撃型は左右のフットワークだけでだいたいいけますが、カットマンは前後のフットワークも練習しなければいけません。もしこれに粒高が加わるとさらに練習時間が必要になります。うちの後輩にカットマンがいましたが、平日は居残り、土日は1日中練習していました私は土日は午前中のみ。それだけやって、大会で早々に負けてしまったときに泣いていたのを見て、いたたまれない気持ちになりました。3異質は不安定でコントロールが難しいですが、相手も回転や弾道の不安定さは打ちにくいです。ただ、自分から回転を強くかけることはあまりできない、つまり、無回転の球をむっちゃ切ることができません。この2つを理解した対戦者と当たってしまうと、異質面に対して回転量や高さ、長さ、スピードで緩急をつけて集中砲火を浴びることになり、対応しきれないとわりと簡単に玉砕します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です