2021年10月17日

KINTO トヨタが7月から全国展開したKINTO ON

KINTO トヨタが7月から全国展開したKINTO ON。車はレンタルという感覚なら好きにすればって感じやなw俺は割高やと思うけどw残価および通常ローンは購入wKINTO。トヨタが7月から全国展開したKINTO ONE
これに関して質問です 見積もりで保険などはおおよそですが??
カローラスポーツ G X 2WD
¥2,353,550(税金、諸費用215,150円)

KINTO ONE スタンダードパッケージ ボーナス加算なし 36回
53460円/月

残価設定及び通常ローンの割賦元金2,138,400円(税金、諸費用215,150円は現金払い)

残価設定36回 (頭金0円/実質年率4 50%)
42,379円×1回 2回目以降41,900円/月×34回 最終月876,744円×1回または返却
+税金、諸費用215,150円

通常ローン36回(頭金0円/実質年率6 80%)
初回 66,957円×1回 2回目以降65,800円/月
+税金、諸費用215,150円

KINTOに通常ついてくるスタンダードパッケージは下記オプションがセットされています
T Connectナビ 7インチ(ステアリングスイッチ付)
ETC2 0ユニット(ビルトイン)ボイスタイプ
フロアマット(デラックスタイプ)
約200,000円相当分
残価及び通常ローンではオプションを入れての見積もりが出なかったので、支払いにその分は入っていません

KINTOは任意保険や自動車税なども込なので残価、通常ローンに加えます
任意保険(車両保険あり)で年80000~40000円前後
自動車税 34500円
メンテナンスパック3年で38000円前後ぐらい
保険、税金メンテナンスパックを合計して3年間で
381,500~261,500円程度(計算の上での仮として261,500円とします)

合計を計算すると3年間トータルで、
KINTO ONE 1,924,560円
残価設定 2,143,629円+残価876,744円を払うか、返却か、再ローン
通常ローン 3,046,607円(車は自分のもの)

なにか自分の計算が間違っているのか、KINTOがオプション分がタダで付いてきて最も安いみたいになってしまうのです
トヨタは任意保険も含めて一律の分だけリスクを抱える気がするのですが良いのでしょうか

残価および通常ローンは、値引きやメンテナンスパックをサービスで付けてくれたりなどで、支払いは記載よりは少なくなるとは思いますが交渉次第ですし、
通常ローンの場合の3年後の買い取り価格も実際いくらか分かりませんが??トヨタ。年月下旬から全国展開する。対象車種は従来どおりレクサスの。。
。。。の車種。これまでの半年ごとに乗り換える

トヨタに定額で乗れる「KINTO」って何。トヨタが年月から展開している愛車サブスクリプションサービス「
キント」は。月々定額でクルマにに乗れる「 」のふたつの
サービスを始動しましたアルファード。ヴェルファイアは現在受付を一時中止
しています。さらに同年月から。 は全国展開するとともに。
車種にアクアを追加して本格的にサービスを開始していこれまでの
の申込数は累計件で。ウェブでの申し込みが割近を占めています。トヨタ自動車。トヨタ自動車。「 」の車種ラインナップにアクアを追加し。月日
から全国展開を開始-あわせを実施していた愛車サブスクリプションサービス
「 」の全国サービス*を月日より開始しました。

「KINTO。[掲載] トヨタ自動車。「 」の車種ラインナップにアクアを
追加し。月日から全国展開を開始 。/////
/契約数は。年月~月の「 」の申し込み実績。同サービスは年月
から東京でトライアルを開始し。同年月日から全国展開を始めた。「
」はトライアル段階なので。実績は非公表としているトヨタの自動車サブスク?KINTO?大苦戦の真因。サービスは年月から東京都内で試験的に始め。月に全国展開を開始した。
東洋経済オンライン「見て全国展開したい考えだ。これまではキントの申込み
は個人に限っていたが。法人の受付も来年月から開始する。トヨタがKINTO。トヨタが株式会社と立ち上げ。年月にスタートした愛車
サブスクリプションサービス「 」のラインこれも乗りたい!□
「 」の名称を「 」に変更し。年月下旬から
全国展開を開始

『トヨタが7月から全国展開したKINTO。車はレンタルという感覚なら好きにすればって感じやな 俺は割高やと思うけど
w 残価および通常ローンは購入w =サブスクリプションはレンタル
の派生wトヨタが7月から全国展開したKINTO。いずれかを含む。トヨタが月から全国展開した これ愛車サブスク「KINTO。トヨタ自動車は月日。月よりスタートさせた愛車サブスクリプション「
」のラインナップに。をよりスタートさせ。中古
車版「 」のトライアルを年月下旬から実施することとした。
一方。レクサス?ブランドでトライアルを続けていた「 」は。
名称を「 」へ変更して年月よりサービスを正式に全国展開。
これは高齢者にとって理想のプランとなるのではないだろうか。

車はレンタルという感覚なら好きにすればって感じやなw俺は割高やと思うけどw残価および通常ローンは購入wKINTO ONE=サブスクリプションはレンタルの派生w36回の残価は50%くらいはありそうですが、80万代は5年の残価じゃないですか?KINTO 支払い190万残価と現金 支払い300万+財産3年落ち中古車150万相当で差引き150万なのでまあそんなものかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です