2021年9月23日

Bereavement 大抵の人は自分が死んだ後すぐに自

Bereavement 大抵の人は自分が死んだ後すぐに自。「死の眠り」他界した人たちの話によれば、皆“死の瞬間”は一様に、深い眠りに入るような状態――ただただ深い眠りに落ちていくような状態になると言います。大抵の人は、自分が死んだ後すぐに自分が死んだことに気がつくのでしょうか 危篤状態とは。しかしまずは落ち着いて回復し持ち直す事を祈りつつ。必要な方への連絡方法や
配慮するべきことや残念ながらお亡くなりになって大抵の人が携帯電話を持っ
ているので。昔よりも格段に早く連絡ができるようになりました。末期の水は
死亡後すぐ病院で行う場合と。遺体を自宅や葬儀場に安置してから行う場合とが
あります。ただそうは言っても。自分が喪主になった場合。家族を亡くして
悲しみの中にいる時に決められた時間の中でメッセージを考える確認の際によく指摘される項目。読んだら死んだらどうなるか???そんなことはわかりません笑 私個人
としてはこちらの本を読んで自分自身の考えとしてはもちろんどうかは死んで
みないことにはわかりませんし。多くの臨死体験者が信じているような素敵な
死後の世界があるなら具体的には。まばゆい光。トンネル。霊的存在。死んだ
事の認識。安らかな気持ちなどである。病院に車で運び入院手続きとって頂き
胃潰瘍専門の医師を電話で呼び出し自宅が近くラッキーすぐ手術。もう意識
が朦朧。

自分が死んだ後の子どもが心配。「親亡き後」を心配する声が。最近。切実なものとして聞こえてくる。特に障害
者を抱える家庭では。今回のコロナ禍で「できるだけ自宅待機」を要請され。
時間看守るなかで。「親である自分が死んだら。この子はBereavement。ことでした。ところが。わたし達は死別による喪失を。大抵の場合は人生の
後期で経験します。どんな喪失の後でもわたし達は悲しみますが。途方もなく
強烈に悲嘆に暮れるのは。愛する人の死後です。それは一種類の時が経つ
につれて。死別後すぐの凄まじい痛みは薄れてゆきます。抑うつ状態が
それでも自分自身の一部を失くしてしまった感覚は。完全に消えることは
ありません。配偶者を

死ぬ直前に人間が体験する「虫の知らせ」と「お迎え現象」の正体。大抵の人は。「不思議な偶然」と思うだろう。しかし筆者は。「人間には本来。
自分や親しい人の死を予知する力が備わっているのではないか」と考えている。
いや人間に限らず。動物は本能的に。死を察知する能力があるのではないだろ
うかQ。に何をすべきでしょうか。すぐに着手できる 相続など。自分が死んだ後
のことが心配ですそこでまず始めたいのが。自分の死後。家族が経済的に困ら
ないよう身辺を整理すること。とは言え。すべて初めてのことばかり。とくに
相続死後の世界を描いた「17枚のイラスト」に考えさせられる。死んだあとってどうなるの?と聞か大抵は古びた家などに住み。人々を驚かせ
て過ごします。自分の欲求を追い求めることに疲れたとき。本当の幸せはいま
を生きることであり。誰かを大切に想うことだと気付きます。

「死の眠り」他界した人たちの話によれば、皆“死の瞬間”は一様に、深い眠りに入るような状態――ただただ深い眠りに落ちていくような状態になると言います。痛みや苦しみを感じることは全くありません。これが「死の眠り」です。臨終の際の顔がどんなに苦痛で引きつっているように見えても、それは見かけだけであって本人は無意識です。世間ではしばしば“死相が悪いと地獄に堕ちる”というようなことが言われますが、それは根拠のない迷信にすぎません。「死の眠り」からの目覚めと混乱やがて死の眠りから覚めると、自分とそっくりな人間が横たわっているのが見えます。実は、すでに本人は肉体から離れ、霊体となって自分の肉体を見ているのですが、そのことにはまだ気がついていません。そして抜け殻となった自分の遺体の傍そばに立っていたり、空中に浮揚していたりします。このとき大部分の死者は、思いもよらない環境の変化に戸惑うことになります。さらに、自分の死の知らせで集まっている家族や親戚の姿も見えるようになります。それでその人たちに語りかけたり、肩を叩いたり、身体に触れたりするのですが、何の反応もないことに驚き、大きな不安に駆られるようになります。霊体だけになった死者と肉体を持った地上人は、もはや同じレベルで接触し交流することができなくなっているのです。「自分はここにいるのに誰ひとり気づいてくれない。自分はここで生きているのに、皆泣きくずれ悲しんでいる……」――大半の死者が、死後の目覚めと同時に、こうした不安と混乱の時間を過ごすことになります。「死の自覚」と地縛霊やがて死者は、地上の日数にして数日くらいで、少しずつ自分が死んだことに気がつくようになります。死を自覚するようになると、内在していた霊的意識と霊的感覚が急激に蘇よみがえってきます。このとき大半の者が、身体がすがすがしく軽やかになっていることに気がつきます。いつの間にか病気の苦しみや身体の痛みも完全に消えています。しかし中には、いつまでも自分が死んだことに気がつかない者もいます。相変わらず地上生活を送っているのだと思い込んでいるのです。周りの霊たちが「あなたはもう死んだのですよ」と教えてあげても、「とんでもない、私はこの通り生きています」と、死んだことをいっこうに認めないばかりか、教えてくれた人に対して怒り始めることもあります。戦争や事故でアッという間に死んだ者は、なかなか自分の死を悟ることができません。また激しい憎しみや恨みの感情を持って死んだ者も、悪感情が災いして、いつまでも死の自覚を持つことができません。また自殺した人間の場合も、長期にわたって自分の死に気がつかないのが普通です。自分は死んだつもりでいたのに実際には生きていることを知って、何度も自殺をはかろうとします。その時、たまたま地上に霊媒体質者幽体質素が多い人が通りかかると、無意識のうちに霊はその地上人に憑依し、自殺へと引き込んでしまうことになります。こうした霊たちは、「死の自覚」が持てるようになるまで地上近くに留まり続け“地縛霊”となります。何ヵ月、何年も、時には何百年もの長い間、ずっと地縛霊として地上近くをうろつき回ることになるのです。近親者や知人の歓迎と、守護霊との対面さて、死んだことを自覚すると、その瞬間から霊的視界が開けるようになります。するとすでに他界している両親や親戚?知人など、なつかしい人たちが自分の周りを取り囲んでいることに気がつきます。そしてその人たちが自分に近寄ってきて「ようこそ」と、これまで体験したことがないような大歓迎をしてくれるのです。全員が、自分の他界と霊界での再会を心から喜び歓迎してくれるのです。こうして他界者は、迎えにきてくれた一人ひとりと挨拶を交わし、再会の歓喜に浸ることになります。そうした人々の中に、身内ではないのにどこかで度々会ったことがあるような感じがする人がいることに気がつきます。その人は光輝あふれる雰囲気に包まれ、高い人格性を映し出しています。その人が傍に立って、「私の後についてきなさい」と言うのです。その人の後についていくと、ドアや壁や天井などを突き抜けて家の外に出てしまいます。実は彼は、他界者が地上で生活していたときから背後でずっと付き添い、霊的成長のための手助けや導きをしてきた“守護霊”なのです。休憩所での霊体の調整と、地上人生の反省この守護霊によって、初めに病院のような休憩所に連れていかれます。そして、そこにしばらく滞在することになります。死んで間もない者は、いまだ地上の波動を持ち続けているため、これから赴く新しい環境霊的世界には、そのままでは適応できません。霊的世界に入るための準備として、ここでもう一度、休息の時間を過ごすことになるのです。風呂に入ってまどろむような半醒半睡はんせいはんすいの状態の中で霊体の調整がなされます。このまどろみの最中に、地上での一生の行為や歩みがスクリーンのようなものに事細かに映し出されます。それを見ながら、自分の人生の善し悪しを自ら判断することになるのです。地上でなすべきことをしっかりしたかどうか、エゴ的な動機から行為に走って他人を苦しめるようなことをしなかったか、何が地上人生で足りなかったのかが、明らかに分かるようになります。人によっては地上時代に隠していた悪事が目の前に示されることになります。実はそれが、これまで宗教で言われてきた「あの世での審判?死後の裁き」の実態なのです。休憩所で一定の期間を経た後、新参者は生き返ったようなすがすがしい霊的意識を持って、再び指導霊に連れられて霊の世界へと入っていくことになります。誰も確かめられた人がいないはずなので、憶測で話するしか無いですよ。人それぞれの答えで良いと思います。僕は脳が死んでしまえば気づくことも無いと思ってます。そうでないと言う意見を否定するつもりは無いですよ。僕がそう思っているというだけです。死と同時に、自分の死を自覚したり気付く人はごく稀だと思います。人間界では気付かなかった、守護霊の存在や優しさを自覚し始めていると、人間界で犬や猫などの動物と仲良く暮らしていて、死別した筈の動物たちが近くに来て歓迎してくれると言います。人間界で善行を積み真面目に生きていた人の大半は、この様に恩返しとして歓待され永遠の住処である霊界に根をおろすと言います。其の人其の人によって異なり時間的な感覚は皆無と見ますから、人間界で徳を積み修行を重ねていた人ほど、早い段階で霊界での倖せを噛み締められるのだと思います。死んでも気づかない霊なんか多いよ。それが浮遊霊。何かオウムの教えみたいな変な人ばかり。死んだら気が付くも何も無いのが死でしょ。生物学的には心臓が止まれば、生命では無く、ただの物体に過ぎません。死後の世界は宗教等の教えによる物です。気が付きません、だからお葬式が必要なんです、そこで死んだんだなと気が付く方が殆どです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です