2021年10月17日

asahi 新幹線の基になった車両のひとつが小田急電鉄の

asahi 新幹線の基になった車両のひとつが小田急電鉄の。そうですね。新幹線の基になった車両のひとつが小田急電鉄のロマンスカーというのは本当ですか 狭軌ですが、国鉄とも技術交流を行い新幹線の技術に活かされたとこことですが 展望席「再び」だが連接台車「不採用」。小田急電鉄がこのほど完成させた。特急ロマンスカーの形。愛称は「
」で。ロマンスカーの車両としては形電車「」以来年ぶりの新型
車両になる。前面展望席が再び導入された一方。連接台車は採用新幹線の基になった車両のひとつが小田急電鉄のロマンスカーの画像。鎧香住。小田急電鉄陸送準備。ロマンスカー形 特殊重トレーラ載せ作業。
ロマンスカーミュージアムの建物へ輸送の為です。新幹線の基になった車両の
ひとつで。御殿場線乗入れのあさぎりや大井川鐵道@

asahi。現役当時の「初代」ロマンスカー。50年前には斬新な流線形で脚光を浴びた=
小田急電鉄提供イベント「ファミリー鉄道展2007」で。歴代の特急
ロマンスカーの車両4車種に一同に並べて展示する。目玉の一つが。1957
年に登場した「初代」ロマンスカー3000形が。屋外に展示されること国鉄
との共同実験で。時速145キロという当時の狭軌最高速度記録を樹立し。
新幹線「ひかり」の技術の基礎にもなったとも言われている名車だ。93年に小田急ロマンスカーを対象に。その理由のひとつに,車両デザインと需要増との関係性が 明らかではないため,
田急ロマンスカーを対象とし,鉄道車両の車内デザインを考慮した需要予測
モデルの構築を目指す.そのれるようになった.年に供用を開始した京成
スカインスカー系や,阪急電鉄の特急列車などがあ る.値化を
行った.並行して,利用者の車内デザインに対す る見た目の快適さの評価値を
得るために,九州新幹線つ使用して客室内を撮影, 撮影画像をもとにした
合成画

Romancecar。それまでの小田急特急のイメージを一新させた特別な車両であり。 小田急のみ
ならず新幹線の開発にも多大なる影響を与えた。 日本鉄道史に残る名車です。
形車は。 年月にさよなら運転が行われた後に。全車両が廃車
となり小田急電鉄。小田急電鉄は~日。海老名電車基地にてロマンスカー形と
形。通勤車両形のさよなら企業テクノロジー
+が一つになってビジネス情報メディア+がオープンしま
した就役から年以上にわたり。同社を代表する通勤車両として活躍してきた
。車種とも今月日をもって引退となった。会場では。にて募集
した写真をもとに作られた「みんなの想い出フォトライブラリー」が展示された

そうですね。ロマンスカーを改造して新幹線0系にしたという話は本当です。小田急SE車3000形が国鉄の要請を受け東海道本線 函南―三島間で高速実験したのは昭和321957年9月27日の事。当時 狭軌最高速度 145㎞/h を樹立しました。軽量車体、電車 の要素は国鉄20系後151系こだま型に生かされました。連接式の優位性は確認されませんでした。なおSE車の完成は昭和32年6月です。昭和321957年5月30日 東京―大阪3時間の可能性と称して 鉄道技術研究所の 三木忠直氏による”夢の超特急”の講演が銀座で行われました。これが当時の国鉄総裁 十河信二氏の知る所となり新幹線建設が決定しました。講演から数日前 鉄道技研の技術者の打ち合わせに”夢の超特急”の車体フォルムが登場しました。その姿は小田急SE車と酷似しています。鉄研の技術者は世界の鉄道についての情報を持っており その中に小田急SE車があっても不思議ではありません。国鉄の技術部門と鉄道技術研究所は別組織であり協力関係はなかったと思われますがSE車の軽量、電車 という思想は 三木氏の航空機で培った 軽量車体の考え方と同じであり 優れた 技術者の考えは組織が違っても同じ方向であるのです。かくて 鉄道技術研究所は800名に余る 人員をフル稼働し 夢の超特急=新幹線 に立ちはだかる困難を 乗り越えていくのです。夢の超特急 車両イメージ東海道線のスピードテストに3000形が使われています流線形でしたからウキペディアの「小田急3000系初代」の項に国鉄との関係が書かれています。これを読むと小田急、国鉄双方がそれぞれの思惑で実験に参加したようですが、この実験の結果がやがて新幹線に繋がっていったようです。それは過大評価だと思います。国鉄とは方向性が違う試みであり、狭軌の最高速度に挑むものでした。そもそも新幹線は標準軌ですので、小田急の試みも傍観していたというのが実際かと思います。狭軌のままというのは大変だなぁ、という奴ですね。ちなみにSEもアメリカのこいつの影響が濃い。我が物にするための苦労を重ねているが、日本の発明といえるような要素は非常に少ない。それは新幹線も同じで、何が凄いかといえば、あの時代に総延長500キロ以上の高速旅客専用鉄道というコンセプトに国家予算を投じた点にある。それは間違いなく世界最先端の試みであった。「新幹線電車」という一部分に限れば、そんなに大したもんじゃない。それら部品をすべて組み合わせた状態を、評価するべき。影響を与えていた事は確かでしょう。初代ロマンスカーである3000形は、技術面で当時の最先端を行くものでした。超軽量、低重心、ディスクブレーキ、連接構造など技術的トピックはいくらでもあります。そしてそれは、当時の「狭軌世界最高速度」として実を結んだのです。SEが達成したこの快挙は国鉄の技術陣にも大きな影響を与え、翌1958年には東京~大阪間を6時間30分で運転する国鉄20系電車がデビュー、形式が151系に改められた1959年には、狭軌世界最高速度のレコードを塗り替えます163km/h。そして、小田急のSEと国鉄151系の成功が、1964年の新幹線0系電車へと発展して行くのです。ロマンスカーといっても初代の3000系ですが、連接台車を使用している電車として参考にしたようです。新幹線といっても全く新しいものではなく、既存で実績のあるものを改良して作り上げたというのか実際のところです。ほかの国のようにいきなり新技術のものを導入し、トラブルの嵐、ということが避けられたのもこのおかげです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です