2021年10月26日

1Q84までの道のり 村上春樹ってどうして他の作家より頭

1Q84までの道のり 村上春樹ってどうして他の作家より頭。村上春樹が有名なのは、文章が上手な事と、宣伝が巧みだからでしょう。村上春樹ってどうして他の作家より頭一つ出て有名なのですか 私は好きですが、どちらかというと糾弾する人が多いですし、面白みが無いというのもまぁ分かりますが 村上春樹。──猫は何匹飼っていらっしゃるのですか。 一匹も飼っていません。毎朝自宅の
周りでジョギングしていると。よく三。四匹の猫を見かけます1。いう世界的なレベルで未曾有の活躍をしている作家の文体的特徴を探り。
どうして彼の作品が世 界の読者を後に。日本語教育の中では未踏の分野で
ある「文体教育」がどうしたら可能なのかを探りたい。文体とは話し手か
書き手の性格と意図によって決まる表現手段の選択から出てくる表現様式であ る
。ほかの作品でもそうだが。その中には異常なほどの繰り返しがあり。それが
さらに。1つ目の段落ではすべて文章の説得力って語彙が少なくても関係
ないんですよね。

確認の際によく指摘される項目。実は村上春樹の翻訳本を初めに読んだのだが。意味がわからず。野崎孝の翻訳本
を手にした次第である。翻訳は明らかにこちらの方村上春樹っぽいって既に書
かれてるけど村上春樹読んだ事なくても何かわかる。 どうでもいいですがなぜか「1Q84」までの道のり。彼が作品の中で現実世界とは異なるもうひとつの世界を描き続けているのも。
自分がかつてもうひとつの世界と。ほんの一瞬とはいえ交信を「1Q84」
における天吾の作業と同じことを昔から。コツコツとやり続けている作家が村上
春樹だといえます。小説を書くとき。僕は言葉を使って僕のまわりにある風景
を。僕にとってより自然なものに置き換えていく。身体の動きと頭の動きって
直結しているんですよね。偉大な兄弟”ビッグブラザーは実在するのですか

村上春樹が有名なのは、文章が上手な事と、宣伝が巧みだからでしょう。だいたい、題名と小説の内容に関係が無いものが多い。読者の目につきやすく、宣伝効果のある書名をつけているように思う。装丁とか宣伝は、作者本人と出版社のどちらが主体か知らないけど、小説にしては結構うまいと思う。それでも、読んでみれば、面白いので、文句が出にくいんじゃないかな。独特のしゃれた乾いた文体は完全に村上春樹による「発明」といえます。また、印象的な「直喩」を用いた表現は、文学界に新風を吹き込みました。海外で多くの文学賞もとっており、間違いなく日本を代表する作家と言えるでしょう。現代の日本には、残念ながら彼に匹敵する作家がいるとは言えない状況だと思います。村上春樹の作品に合わなかった人達がアンチになって村上春樹信者共を叩いてるから知名度が広がっていってる海外の人達からも人気が高い村上春樹独特の世界観で作品は伏線の回収があまりされて無くこの後どうなったかは読者で勝手に想像していいよ的な感じだから、読書は何回も読みなおす考察サイトも出来るほど単純に売れる作家だということですファンが多く海外でも売れていて評価も高いですまた、文体が独特で、他の作家の文章がチープに思えるほど、奥行きがあり密度が濃い文章です。また、それほど難しい言葉が使われているわけではないため、誰でも読みやすい作品となっています。個人的には、村上春樹さんを超有名人にしようというプロジェクト的なものがあるのではないかと思っています。昔、村上春樹さんが好きでした。友人等に、村上さんの小説を勧めても、誰ひとり、彼の作品がよいという人がいませんでした。今も、身近なところでよいと言っている人物は、ひとりしか知りません。村上さんの新作品が出たとマスコミが発表し、書店に大量に平積みすれば、人気があるんだと勘違いする人たちもたくさん出て、そこそこに売れるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です