2021年10月17日

避難の心得津波編 過去に5mの津波が来たところに防潮堤を

避難の心得津波編 過去に5mの津波が来たところに防潮堤を。完全に防ごうとすれば20m程度なのではと推測します5mの津波は壁にぶつかると垂直に上昇しますから後ろから押されて3倍の15mまで上昇したとしても4倍もあればほぼ完全に防げるのではと思います防潮堤など無意味です。過去に5mの津波が来たところに防潮堤を作るとしたら高さは何mあった方がいいのでしょうか 避難の心得津波編。津波は。水深が深いところほど波の進行速度は速く。水深が浅くなるほど波の
進行速度が遅くなるという性質があるため。津波が陸地に近づくまた。湾部の
地形では津波が行き場を失い。湾奥で集中して津波の高さが局所的に高くなる
場合があります。津波の駆け上がる高さは津波の高さの~倍になることが
過去の調査から分かっています。自宅から離れた場所で地震が起きた場合。
自宅は揺れていなくても。津波が襲来することがあります。避難したら絶対に
戻らない4。②津波防波堤 津波の防御には海岸堤防や防潮堤が有効です。そのときは。湾口
部に防波堤を設けることで。津波の高さを低め。進入する津波の波力を弱める
ことができます。これまでの地震対策は。我が国の過去数百年に経験してきた
最大級の地震のうち。切迫性の高いと考えられる地震を想定してきました。

東日本大震災時の地震?津波避難に関する。波が防潮堤を越えてきていたのを見て。周りに避難するように必死で叫んでいた
人がいた。だけどその人は自分のところまで来ると考え ないで。他人には「津波
が来たから逃げろ」と言っ

完全に防ごうとすれば20m程度なのではと推測します5mの津波は壁にぶつかると垂直に上昇しますから後ろから押されて3倍の15mまで上昇したとしても4倍もあればほぼ完全に防げるのではと思います防潮堤など無意味です。何mだろうと、さっさと逃げるだけです。過去に5mとかさ、、、、、、何万年も住んでるの??わかりゃしないでしょ。5mってのは、地震が終わって確定することです。東北大震災では当初「3m」でしたよ。予断こそが全ての元凶です。さっさと逃げる、、、これが唯一の対策です。防潮堤なんてもんは、高潮対策だけですよ。これは正解がない問題です。地域の皆さんで考えることが大事です。津波を防ぐために高い防潮堤を作ると、良い景色が失われるだけではなく、海へ行くことも難しくなり、たくさんの方の仕事に影響が出ます。人は、災害にびくびくして生活するために生きているわけではないです。災害に関係ない、長い期間に、海から完全に切り離されるのは、生活にとってもマイナスでしょう。どの程度の津波を考えて防ぐ体制を作るのか、は地域の皆さんで考えることです。地形など何も調べずに20mなどというのは、無責任ではないかと思いますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です