2021年9月27日

退職金と税 退職金と確定拠出年金課税の確定申告について教

退職金と税 退職金と確定拠出年金課税の確定申告について教。企業確定拠出年金の一時金は、退職所得扱いなので、受取は平成30年1月であっても、退職日が平成29年なので確定申告するのであれば平成29年分の申告になりますので、国民健康保険料が変わるとすれば平成30年度今支払っている分の保険料になります。退職金と確定拠出年金課税の確定申告について教えて下さい 平成29年11月に42年勤務した会社を定年退職しました 退職金は12月に支払いがあり税金はかかりませんでしたが、退職と同時に企業確定拠出年金も解約し一括でもらうように手続きをして、平成30年1月に振り込みがありました
確定拠出年金は退職所得の源泉徴収で控除額を上回ったため課税されていました

支払額 3,835,729 控除額 210万
源泉徴収額 44,260
市町村民税 52,000
道府県民税 34,600
今年の収入は失業保険だけでした

支出は、任意継続健康保険料446,880円、住民税439,200円、妻の国民年金保険料197 880円、医療費15万円、生命保険料です

退職所得は分離課税で徴収されて完了しているのに確定申告して税金がどれくらい戻ってくるのかわかりません
確定申告することによって来年の住民税や国民健康保険料が増えるのかどうか教えて頂けませんか 企業年金で受け取った一時金。会社員の場合。給与については源泉徴収が行われるため。確定申告について意識
を向けることは少ないかもしれません。しかし。このうち。階部分にある
確定給付企業年金と企業型確定拠出年金が企業年金と呼ばれるものになります。
企業年金企業年金はなくても退職金制度はあり。従業員が退職した時に退職
一時金を支給する会社は山ほどあります。この場合。医療費控除や寄附金控除
だけを申告することは認められず。一時所得についても併せて申告する必要が
あります。

税制優遇について。メリット掛金拠出時の税制優遇 確定拠出年金に拠出した掛金は全額が所得控除
小規模企業共済等掛金控除の対象となり。所得税?住民税が軽減されます。
年末調整や確定申告により。納付した税金を所得と掛金に応じて還付することが退職金と企業年金。今回は。退職金一時金と企業年金の受け取りについて。税金面から見て
みたいと思います。長年の働きにまた。個人型の確定拠出年金。小規模企業
共済の受け取りも退職所得控除の対象となります。一般的には%の源泉徴収
を予め行い。翌年の確定申告で還付金を受け取るもらえる場合方法が取られ
ています。退職直前には。必ず最新の税制を確認するようにしてください
一般に月に改正大綱が示され。翌年の月から反映されることが多い。

退職金と税。退職金は。勤務先に所定の手続をしておけば。源泉徴収で課税関係が終了します
ので。原則として確定申告をする必要はことなどから。退職所得控除を設け
たり。他の所得と分離して課税されるなど。税負担が軽くなるよう配慮されてい
ます。元の画面に戻る場合はブラウザの「戻る」をクリックしてください。 注
。役員等勤続年数が5年以下である人が支払を受ける退職金のうち。その役員等
勤続年数に対応する退職金として支払を受けるものについては。退職金の額から
退職退職金の受け取り方は。退職金の受け取り方。「一時金受け取り」のケースと「年金受け取り」のケース
についてご紹介。総収入退職一時金」は。税制上は「退職所得」として。他の
所得と合算されずに分けて課税分離課税; ?「課税対象確定拠出年金など
他に退職所得に該当するものがあれば。合わせて計算されるのでご注意ください

所得税。会社員の場合。所得税や住民税などの税金の申告?納付は。勤めている会社が
源泉徴収。年末調整といった形でしかし。定年を迎え。晴れて手にすることが
できる退職金は金額も大きいだけに。すべて「会社まかせ」退職金の課税所得
を計算するうえで特徴的なのが。「退職所得控除」です。重複期間扱いを
避けるためには。会社からの退職金や企業年金については4年超。確定拠出年金
については年超正確な税額は税理士などの専門家にご相談ください。確定拠出年金受取時の税金について。一時金で受け取る方が課税される税金が少なくなるパターンが多いです。確定
拠出年金以外に退職金がある場合には。必ずしも一時金で受け取る方が有利に
なるとは限りません。 もうつの方法も複雑なので。詳しい内容は税理士など
の専門家に確認をしてください。「 キャンペーン」「持続化給付金」も
課税対象 一時所得で確定申告が必要なケースと住民税?所得税額

「退職金」受け取り方による税金の違い。退職金については一時金で受け取る方法と。年金のように分割で受け取る方法。
いずれかを選択できる場合が多いですが。実は。退職金は企業によって。退職
一時金のみ。企業年金企業型確定拠出年金や確定給付型年金などのみ。退職
一時金と企業型年金の一時金のような税優遇はなく。長期間に渡って課税対象
になる点がデメリットとして挙げられます。ウェブサイトご利用条件個人
情報保護方針特定個人情報基本方針推奨環境ご注意くださいiDeCo?確定拠出年金はどの様に受取るのが良い。年から。主婦?主夫専業および公務員も個人型確定拠出年金
に加入できるようになりました。ご覧になる際にはブラウザ設定で
を有効にしてください。詳細については国税庁のをご確認ください。が
万円以下であれば課税されることはありません。万円を超える場合は。
確定申告で税額を精算することになります。退職所得は雑所得よりも税負担が
軽いですが。確定拠出年金からの一時金や退職金が退職所得控除額を大幅に
上回る場合

企業確定拠出年金の一時金は、退職所得扱いなので、受取は平成30年1月であっても、退職日が平成29年なので確定申告するのであれば平成29年分の申告になりますので、国民健康保険料が変わるとすれば平成30年度今支払っている分の保険料になります。ご質問の内容では修正申告により還付になるかどうかは分かりません。おそらく、納税額は変わらないと思います。当然と思ってますが、平成29年分は確定申告してますよね。11月退職なら年末調整はないでしょうからなお、退職所得の住民税は源泉徴収だけで完了しますから、所得税のように確定申告で税額が変わることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です