2021年9月27日

軸電圧波形測定電食診断 インバータ駆動モータの電食につい

軸電圧波形測定電食診断 インバータ駆動モータの電食につい。恐らくはPWMの高周波に起因して生じるマイクロギャップ放電によりベアリング表面が損傷し、これを起点として力学的に損傷が広がりベアリングの寿命が低下すると言う問題に対する対策の事ではないかと思います。インバータ駆動モータの電食について
インバータは対地電圧の上昇と、高調波
により電流が流れるとネットで見ました
対策には、モータ負荷側軸にアースブラシ
を付けて反対側の軸受けに絶 縁処置をする
と記載あります
ローターを循環する電流で軸受け損傷は
まぬがれますが、対地電圧により負荷側
軸受け側にはアースブラシを通じた電流
は流れないのでしょうか
どなたかお詳しいかたご教授願いますインバータの漏れ電流について。インバータの入出力線と大地間に流れる漏れ電流で。インバータの自系統以外に
も。接地などを通じて他の系統へ流入する事がある。電流について測定した
わけではないのですが。別系統インバータ駆動ではないモータの軸受で
インバータの影響と思われる特殊な電食との関係はわかりません。

インバータ駆動モータの電食について。軸電圧波形測定電食診断。ベアリング診断?電食診断サービスの軸電圧波形測定電食診断についてご
紹介します。福田交易の電食 インバータ で
モータを運転すると。軸に電位変動電圧が発生します。対地軸電圧
モータの軸とモータ筐体間の電圧は。軸受インピーダンスに関係します。
福田交易は。イージス?軸電圧テスターで。インバータ駆動電動機の軸電圧波形
を捉え。電食対策の必要性から。対策の効果測定までお客様と一緒に。電食問題
を考えます。PWMインバータ駆動ブラシレスDCモータのベアリン。ベアリング電食とは。次のような現象である。電圧形けるベアリング電食は。
インバータ駆動による放電電流によるものであり。本章の導入とこれらの提案
に対する空調ファン用ブラシレス モータへの適用について検討する。ては
。計測機器およびその周辺の静電容量の影響を極力さける必要がある。対地間と
の浮 遊容量の影響を避けるため。供試モータは絶縁物の固定台上に置いて。金属

空調用ファンモータのベアリング電食に関する研究。インバータによりモータを駆動すると,パワー素子のスイッチングによって,
コモンモーとインバータ駆動により発生する電流がある。 ベアリング
電食対策の空調ファン用ブラシレス モータへの適用についての検討対地と
の間の静電容量の影響を避けるため,供試モータは絶縁層の固定台上に置いて,

恐らくはPWMの高周波に起因して生じるマイクロギャップ放電によりベアリング表面が損傷し、これを起点として力学的に損傷が広がりベアリングの寿命が低下すると言う問題に対する対策の事ではないかと思います。アースブラシには当然高周波電流が流れます。この高周波電流回路ループをモータ部分で完結させることにより、ベアリングを通して流れないようにするのが目的です。もっとも、この情報は古い気がします。このようなことが問題となるのは、駆動対象の接地抵抗が低いポンプ用途などですが、そう言った用途ではベアリングの球を電流を通さないセラミックにすることで対策するのが現代風であろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です