2021年7月27日

貿易管理制度 韓国への輸出制限って具体的な数量規制や値上

貿易管理制度 韓国への輸出制限って具体的な数量規制や値上。その手間が増えること自体が、実質的禁輸と言われています。韓国への輸出制限って具体的な数量規制や値上げではなく、ホワイト国として簡易化されてた輸出手続きが簡易化されてない一般の国と同じ輸出手続きになるだけの話ですよね 韓国が一般の輸出手続きを行えば今まで通りの数量が輸出されるのではないですか
韓国のダメージって書類の手間が増えるくらいなんじゃないですか 韓国の電力産業について。第 節 公正報酬率規制とコンテスタブル?マーケット 図 – 年韓国の
天然ガス輸入国?輸入量 表 – 輸入国と契約給能力不足のために循環停電を
行った韓国では。電力供給設備の増設が制限されたことにまでの年次データを
用いた研究は。エネルギーと経済成長の間に長期的な双方向の因果関それらの
中でも。既存の電気会社に対し適用された電力政策とは。公営化ではなく。従来
具体的には発電部門の自由化。小売の自由化。そして送?配電の自由化である

貿易管理制度。ジェトロ「韓国 貿易管理制度 輸入品目規制 輸出入公告」 ファイル交易
相手国が韓国の貿易に対し。不当もしくは差別的な負担または制限を加える時。
輸入国政府との契約または輸入国政府の委任によって。韓国企業が輸出する
物品などに対して韓国国内で船積み前に検査を実施する機関は。世界韓国への輸出規制って。実際に韓国が「ホワイト国」から除外されると。今回の3品目だけでなく。工作
機械や特殊な金属などほかの輸出品目にも規制強化の対象が広がることになる。
このため韓国企業を取り引きの相手としてきた日本の企業への影響図解?行政韓国への輸出規制2019年7月:時事ドットコム。グラフィック?図解。 政府は。韓国向けの半導体など材料3品目の輸出規制を
厳格化する措置を発動した。韓国のスマートフォン産業などが打撃を受けるのは
必至で。元徴用工問題でこじれた日韓関係がさらに悪化することが懸念されて
いる。実施すれば3品目だけではなく。工作機械や先端素材。化学薬品などの
軍事転用可能な幅広い部材食品?木材除くも。韓国向け輸出で政府

その手間が増えること自体が、実質的禁輸と言われています。まず手続きに”最低”90日ほど掛かるとされています。しかも個別に認可を得る必要があり、そのつど90日待たされるわけですが、原材料を発注して90日以上しないと入ってこないとなると、まず3カ月先の状況を見こさないとなりません。経済や価格状況が変わればそれだけでも不利です。そして90日後に必ず輸入できるわけではなく、日本政府の認可が必要です。認可はわざと待たせること、待たせた挙句に書類不備で差し戻してまた待たせるということも可能です。書類不備にする理由は、句読点がないとかそういう重箱の隅でも可能です。つまりどんな書類も書類不備にすれば「禁輸」と同じ効果が得られるのです。しかも国際法には触れません触れるという意見もあります禁輸と言ったらWTOに怒られそうですが、禁輸ではなく優遇撤廃書類審査をする必要が生じるだけなのでこの発表自体は問題ありません。また3カ月待たされることにも問題がそもそもあり、原材料在庫が3カ月もないのと、90%は日本で生産されている品のため、代替品がなく、かつ生産できない期間が2カ月ほど生じます。工場にとって2カ月の停止は打撃です。それだけで年間総売上の20%弱を失う訳です。それも国家経済のほぼすべてを担う主要3社だけで80%全ての会社で主力製品がすべて操業停止します。税収も大変なことになりますね。これは国家としては大ダメージです。韓国の弱点は基礎産業が貧弱で輸入に頼っていて、それをほとんど日本に頼っていたこと、更にモノカルチャー並みに主力生産品目がかなり限られていることという問題を抱えているのです。これは人間に例えると、飲み水の蓄えが1カ月しかない20人家族の家で、水道が3カ月止るような事態です。そして飲み水の90%は水道からで、周囲100㎞四方に飲み水が無い状態で、雨も降らないのです。経済が弱い国家族が1~2人なら我慢しながら飲める量でも、韓国級の経済規模だと厳しくなります。ふつうの国なら、飲み水の仕入れ先は複数用意されていたり、備蓄していたり、家族の人数経済規模が少なかったり、自分たちで生産できたりしますが、韓国はそれがありませんでした。儲かる分野にだけ集中投資していたのです。水道局日本は手続きしてくれれば3カ月後に出す。あと手続きは1回水道を使う度にその都度申請が必要だ。しかし書類不備は認めない。ハミ出しや文字の止めハネがしっかりしてないと落す可能性があります。と通告しているのです。こんにちは。手間が増えるのは輸出側なので寧ろ日本の企業でしょう。韓国企業の日本支社というケースもありそうですが。輸出認可が出るかどうかは対象国やその企業、また品目によって審査の厳しさは変わると思います。非ホワイト国への輸出管理自体、私は経験ありませんが、全般的に審査が厳しいと聞いたことはあります。以前、インドへ輸出するのに四苦八苦してました。まして今回は非ホワイト国への変更に加えて対象品目のカテゴリもより審査の厳しいものへ変更になりますから、実質的禁輸に近いものになる可能性は高いと思います。通産省の信頼関係が失われたとの本音の部分は韓国に輸出したフッ化水素が北朝鮮に送られて核兵器開発に使われていたことです。個別の輸出申請書類には第三国への無断移転をしないことの保証が必要になりそうです。北朝鮮の核兵器を自分たちのものにしたい文政権には北朝鮮の核兵器開発ができなくなるので大変なダメージです。全くその通りです。メディアが金儲けで輸出規制と書きます。今日の韓国の新聞日本語版では半分以上が「優遇国除外」に代わっています。アジアでは韓国のみがホワイト国指定です。実務的には当初の申請?許可期間3月のタイムラグ出ますが、韓国側の在庫は3~4月です。殆ど実害出ません。韓国側報道の方が客観的です。カンコクセイフガ焦ってWTO提訴すれば、日本側官僚はヤッターでしょう。ホワト国除外理由は国としての信頼関係が崩れた、または韓国が北朝鮮に部品供給した事実掴んだかです。国際的場所で、韓国の協定違反、友軍攻撃などを声高に主張出来ます。今まで行って来なかった政府に対する官僚の反乱だと穿った見方しています。申請して、其れが通れば輸入できますしかし、其の許可が下りる迄が時間が掛かります所が、彼方さんの備蓄は1月分程度しかないので、そうなればアイゴ?!になるんですわ措置対象は自力開発も出来無い、別の国のでは代わりにならない、元々が日本のソレ頼みで製造しているので…輸出許可を申請すると、審査には三ヶ月ほどかかるらしいです。一回に許可される量によりますが、手間がかかるのは間違いないでしょう。材料不足で、工場が操業停止になるかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です