2021年7月27日

蘇我入鹿首塚 西暦645年皇極天皇の時代に乙巳の変が起き

蘇我入鹿首塚 西暦645年皇極天皇の時代に乙巳の変が起き。飛鳥時代までは、虚実の織り成す歴史物語。西暦645年、皇極天皇の時代に乙巳の変が起きて、中大兄皇子と中臣鎌足によって蘇我氏は滅亡します この時、孝徳天皇が即位し、左右大臣に安倍臣倉梯麻呂と蘇我倉山田臣石川麻呂が仁命され、同年に飛鳥から難波に遷都されます 同年、蘇我氏血脈の古人大兄の皇子が誅され、649年左大臣?安倍臣倉梯麻呂が病没し、同年右大臣?蘇我石川麻呂が誅されます これによって左右大臣は、巨勢臣徳太と大伴連長徳が就きます 激動の「乙巳の変」後が感じられますが、蘇我、安倍、巨勢、大伴氏はそれぞれ飛鳥における豪族で、変後の難しい舵取りが窺えます 質問は、どちらかというと蘇我氏の血筋を引いている中大兄皇子が、大化の改新以降の難しい舵取りを指揮できた方法論は、どのような方法だったのでしょうか また中大兄皇子が後に天智天皇となる「智」とは、こういった難問を次々と乗り切った賢さに由来した敬称であったのでしょうか 高校日本史B「皇極天皇の時代乙巳の変」。年に起きたこの事件を。 乙巳の変 いっしのへんといいます。
_ その後。中大兄皇子が実権を握る政治。いわゆる「 大化の改新
」が始まっていくこと

蘇我入鹿首塚。皇極天皇年に起こった古代の日本を揺るがしたクーデター。乙巳の変
いっしのへん=大化改新に皇極天皇年月日年月日。中大兄
皇子。中臣鎌足ら改革派は。蘇我入鹿の政権私物化にとどめを刺すため。入鹿
の父?蘇我蝦夷そがのえみしは。月日西暦月日。居館に火を放っ
て自殺。現存する五輪塔は。南北朝時代と推定される花崗岩製。『大化の改新』が起こった理由は。実は。「年」は『乙巳の変』いつしのへんという反乱が起きた年になり
ます。その代表的な人物が。後の天智天皇てんちてんのうとなる中大兄
皇子なかのおおえのおうじと。後の藤原鎌足ふじわらのかまたりこと
中臣鎌日本史B。大化改新は。西暦何年に始まったか。 何年に始まったか。
乙巳の変 中大兄皇子が中心になって。蘇我父子を滅ぼし王族中心の中央集権を
目指した。年の事件をなんというか。 孝徳天皇 大化改新で。皇極天皇から
譲位されるかたちで即位した天皇は誰か。壬申の乱は何年に起きたか。

乙巳の変。新時代の到来ともいえるこの改革は。いかにして起こったのか。激動する
年月日。皇極天皇の飛鳥板蓋宮にて。三韓高句麗?百済?新羅の使者が
天皇に貢物を捧げる儀式が行われようとしていた。『日本書中大兄皇子。中臣
鎌足らが蝦夷?入鹿を倒したこのクーデターを。「乙巳いっしの変」と呼ぶ
。乙巳の変と大化の改新。乙巳の変とは。西暦年に中大兄皇子と中臣鎌足らが宮中で蘇我入鹿を暗殺し
て蘇我氏蘇我本宗家を滅ぼした飛鳥時代の聖徳太子が理想とした天皇を中心
とした中央集権国家を目指す中大兄皇子と中臣鎌足は。蘇我氏を打倒する為。
非常やがて政界の一部に。豪族の世襲制と私地私民性を廃し。天皇を中心と
する唐のような官僚制的中央集権国家を形成しようとする動きが起きてきた。
乙巳の変」江戸時代。住吉如慶?具慶の合作によって描かれたもので。左上は皇
極天皇。

大化の改新と乙巳の変古代史のターニングポイントを知る。しかし。正しくは年に起こったのは「乙巳の変」とよばれる事件で。「大化
の改新」は年に発布された改新の詔をもとにした一連の政治改革を指します
。天智天皇 中大兄皇子のちの天智天皇。 乙巳の変とは。蘇我氏の専横が頂点
にあった時代に大臣だった蘇我入鹿を皇居内で斬殺し。母親は皇極天皇後に
再び即位して斉明天皇。弟は大海人皇子後の天武天皇です。みちのくヒストリア。皇極天皇の弟。 史上初の譲位により即位。 ?古人大兄皇子ふるひとのおおえの
おうじ 入鹿の後押しにより。次期天皇第36代の最有力候補だったその二年
後の 西暦645年 蘇我入鹿は。広大な邸宅を建造するなど。贅を極めている。
その説に基づくと その後の時代の何者かが この事件に関与した人物の行為を正当
化するために 事実を捻じ曲げた上で その業績を讃えた内容に書き換えた先ず
は。乙巳の変の前に起きた。蘇我入鹿が山背大兄王を殺害した事件についてです

飛鳥時代までは、虚実の織り成す歴史物語。史実といえるのは奈良時代以降じゃないでしょうか。続日本紀からは比較的信頼性が高いと言われています。乙巳の変当時、畿内においても複数の勢力が割拠し、覇を争っていたというのが実情ではないでしょうか。その一連の覇権争いが乙巳の変~壬申の乱として描かれ、統一へ歩み始めるのは壬申の乱以降と見立ています。よって、中大兄や鎌足の功績も後の統一王朝によって描かれた歴史物語ということでは。>どちらかというと蘇我氏の血筋を引いている中大兄皇子蘇我氏の血筋?中大兄皇子の父は「舒明天皇」ですが、祖父は押坂彦人大兄皇子で「敏達天皇」の第一皇子です。母の斉明天皇の父は茅渟王は押坂彦人大兄皇子。つまり、父母とも「敏達天皇」の血筋。どこからみても蘇我氏の血筋ではありません。したがって、何の問題もありません。>中大兄皇子が後に天智天皇となる「智」とは、>こういった難問を次々と乗り切った賢さに由来した>敬称であったのでしょうか?いいえ、悪い意味です。 天皇に「漢風諡号」をつけたのは淡海三船ですが「天智」の由来は「殷最後の王である紂王の愛した天智玉」から来ていて、紂王は暴君で国を滅ぼした悪王ですから、いい意味ではありません。天智天皇の子供である大友皇子を殺したのは「天武天皇」ですがこれは「紂王を殺した周王朝の祖である名君武王」から来ていますから、どうみても「天智」は悪役ですね。近年は「乙巳の変、大化の改新の真実」が揺らいでいますね!質問者の方の言われる、以後の難しい政治情勢のかじ取りを「中大兄、後の天智」が何故出来たのか不思議ですね!結論から先に言いますと、「以後、まだこの時期、天智―藤原系は関与していません」。最終的に「天智―藤原系」の史書である日本書紀編者のフィクションで、この時代から「天智―藤原系」は列島の最高権力者集団であったのですよ、と言う持ち上げです。「乙巳の変、大化の改新」の流れは、「九州倭国王」が、近畿地方に進出するにあたって、王族を派遣します、この王族を補佐する役目の筆頭官僚が蘇我氏です、蘇我氏も、稲目、馬子の時代は忠実な家臣だったのですが、蝦夷、入鹿の時代に成ると、自分達の子女を王族に入れ、子が出来て外戚の地位が確保されるに及んでの権力を持ち、本国の九州倭国王に叛き始めます、事もあろうに「王族山背大兄皇子」の殺害に及び、九州倭国王の逆鱗に触れ、九州倭国王の派遣した、巨勢徳陀、大伴長徳と言う二人の将軍により、蝦夷と入鹿が粛清されます、これが乙巳の変です。その後、九州倭国王は、難波宮を大宰府の副都として設置し、本国内で施行していた各種の律令を「詔」の形で、指示したのが「大化の改新」と言われているものです。日本書紀では、「孝徳」と言う「皇極の弟」が即位となっていますが、実際は九州倭国王が、新たに王族を派遣して来たものと思われます、「伊勢王」辺りか?「日本書紀」を見ても、この当たりは「九州倭国」の匂いがプンプンします。「年号の大化、白雉」等々、極めつけは「群評問題の解決」で明らかです。一度、ご精査してみて下さい!中大兄皇子はあまり政治的能力はなかった、という評価を見た貴国があります。白村江で惨敗したのがそうだし、自分御息子が継ぐべき行為を結局弟の大海人皇子/天武天皇に奪われたり。中大兄皇子は中臣鎌足という名参謀あってではなかったでしょうか。>天智天皇となる「智」とは、こういった難問を次々と乗り切った賢さに由来した敬称であったのでしょうか? この「智」ですが知恵や知略とは関係ないようです。なんでも暴君と呼ばれた殷の紂王が愛した宝石が天智玉というもので、そこからこの諡号ができたのではないかということ。作家の井沢元彦氏などの説だとしたらリトル暴君という意味で天智天皇という諡号になったとも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です