2021年7月26日

落ち着く場所 落語にアドリブってあるんですか また落語っ

落ち着く場所 落語にアドリブってあるんですか また落語っ。落語は新作落語に限らず古典落語でも自由にアレンジしてもいいものです。落語にアドリブってあるんですか また、落語って音楽で言うところのクラシックみたいな感じで決まり事が多く、あまり自由に出来ないものなんですか スペシャルインタビュー春風亭一之輔「やるからには。当たり前だが。その姿は私が多く接してきた音楽の世界の人間とは。大きく
異なる。しかし相対した一之輔師は相も変わらずマイペースで。それがまた
嬉しいのも事実だ。回数をかけてるうちに。その場の流れでつい出た一言とか
。アドリブで言ったらウケたものを残していった感じですね。何か変わる
キッカケはあるんですか?落語口調ってあるじゃないですか。でも。
そもそも落語ってサブカルチャーで。メインじゃないですからね。どう考えても

「POPEYE」の特集「ジャズと落語」を読んで1。それと似てはいるが。アドリブ。あるいは。即興性ということも。共通点
として挙げたい。また。ジャズにおいては。スタンダード?ナンバーであって
も。人によってその曲の演奏は異なるし。それが落語では当然のことだが。
ジャズも。アフタービートと言う言葉があるように。リズムに「間」が入る。
これはジャズにも言えるんだけど。落語って聴く側の体調や精神状態やそれまで
の人生経験で印象がすごくそうか。もう次の号が出ているんですね。落ち着く場所。そんな大変な世の中の自分の状況を考えるとどうしても暗くなりがちなので。
好きな音楽でも聴いてなんとか気分をあげています。そんな中で先日。飲み会
の場で落語の話になりまして。落語好きな友達ってのがいるんですよこれがまた
。これは一度聴いてみようかなと思い。ちょうど に落語があるの
を知ってたんで。聴いてみたわけです。このアドリブが落語の醍醐味なんて
言う人もいて。確かに同じ噺でも落語家それぞれで違うし。さらには回ごとにも
違う

落語辞典用語集。落語初心者の方に。落語の魅力をわかりやすくご紹介しています。落語の落語
はじめの一歩落語ってなに?オチ 落語で最後のせりふ。さげともいう。 お
囃子おはやし 芸人が高座に上がる時に使う。三味線や太鼓で奏でる音楽。
二之席にのせき 正月の日から日に行なわれる興行。またその期間。
ほかに。初席がある。お客様が。贔屓の芸人や寄席に贈る。名前の書いてある
布。

落語は新作落語に限らず古典落語でも自由にアレンジしてもいいものです。基本的に同じように演じていても、少しだけ面白い例えを入れるのを『くすぐり』ともいいます。ストーリーを大きく変えて演じることもあります。落語の伝承はコピーではありません。同じ演目をいろいろな落語家で聴くのはとても面白いですね。かなり自由です。アドリブもあります。寄席だと前の出番の噺を取り入れたギャグをその場で考えつくこともあります。だからと言って、全員が変えても仕方ない。伝統の肝の所をきちんと受け継ぐ人も必要。落語界全体での役割分担みたいなものはあると思います。落語にはそもそも楽譜に相当する台本がないのでアドリブはありえないです。最初から白紙のキャンパスに、噺家が高座で自由自在に演じるわけです。 師匠から受け継いだ噺を高座にかける時は、基本的に師匠の演じ方を尊重すべきですが、尊重するということは、わかりやすく面白く演じることです。演じ方に決まり事はなくて自由です。師匠から受け継いだ噺は台本ではなくて、芸の継承です。噺家さん次第です。本人がしたいようにします。古典落語は、遠く江戸時代から同じストーリーで続く噺ですから。ほとんどの噺家さんはむやみに変えたりはしません。ただ、は何から何まで大昔と一緒というと、現代人には通じない場合もでてきます。だからほんの少しだけアレンジするという噺家さんも出てきます。なお、新作というカテゴリーならなんでもありです。落語はクラシックというよりジャズですよね。テーマは決まっていても、そこに様々な要素を演者の裁量でぶちこんでいく。そこにはインプロヴィゼーションも多々あります。古典落語の中に本筋を脱線しない程度で時事ネタを入れたり、その日に寄席で起こった出来事前の出演者やハプニングをいじるを入れて笑いを誘うことは良くある。古典落語を改作することもあるし、かなり自由だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です