2021年7月26日

無宗教という宗教 最近とあることがきっかけで宗教について

無宗教という宗教 最近とあることがきっかけで宗教について。信教の自由は、する自由しない自由棄教する自由、です。最近とあることがきっかけで、宗教について学ぶようになりました
世の中にはキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、他にも色々な宗教があります ここで疑問に思ったことがあります、皆さんはなぜ一つの宗教、一人の神様に
こだわるんですか
自分を信じる、宗教に囚われず色んな宗教の神様を信じてはいけないのでしょうか
聖書の中には、自由という言葉があります
それでは色んな宗教を信じるのはダメなのでしょうか
より多くの人の意見を待っています 「無宗教」という宗教。料理であれば。食材としてコーランの言葉のもとで犠牲になった肉などが使用
されていなくてはなりません。しかし。私が来日した年代初頭にはそのような
店は非常に少なく。ハラール食材を売っている店すらほとんどありませんでした
。トン」が豚のことであり。「合挽き肉」とは豚肉と牛肉のミンチを混ぜた
ものであることが判明したのは。だいぶ後に政教分離の制度を取り入れている
国でも。地域によっては。そこで普及している宗教について学校で学ん

信教の自由は、する自由しない自由棄教する自由、です。キリスト教〇派と仏教〇宗、キリスト教〇派とイスラム教〇派、複数に所属している人もいるようです。キリスト教〇派のこの考え方、仏教〇宗のこの考え方、に同意している人もいるようです。ただ、このカテで「信仰している」と言う人は一つの宗教、一人の神様、に拘る人の方が多いようです。「救い」「幸福」「地獄に落ちないで天国に行く」「罪が許される」「善人になる」「人生の目的や意味が与えられる」「病気が治る」???には、一つの宗教、一人の神様、に拘る方がその「益」が得られる確信が高まるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です