2021年7月26日

海上自衛隊の職種 旧海軍の軍艦における航海関連職の人数に

海上自衛隊の職種 旧海軍の軍艦における航海関連職の人数に。船の操作にそんなに必要なのかな。旧海軍の軍艦における航海関連職の人数について

旧海軍の定員表を見るに、航海関連の高級士官(分隊長以上)は航海長と航海長補佐しか見受けられません 戦艦や巡洋艦の分隊長クラスを見ても砲術関連がほとんどです
素人目には、艦船における航海分野は重要だと思われますが、そこに配置される高級士官はなぜこれほど少ないのでしょうか
(個人的な予想では、特定の役職に就かない尉官クラスの士官がそれらの職務を担っていたからと考えていますが、実際はいかに)海上自衛隊の職種。航海?船務 艦艇の艦橋において航海に関する業務を実施します。船務はレーダー
?電波探知装置等を活用し。 戦術活動を実施します。 航海 通信 陸上基地。艦艇
及び航空機等の通信。暗号の作成及び翻訳。通信器材及び関連器材の操作整備を

戦艦「大和」に傷病者が殺到したワケ。旧日本海軍の戦艦「大和」は。前のタイプである戦艦「陸奥」から約年ぶりに
就役した戦艦です。建造がそれだけ開いていたため。兵装だけでなくさまざまな
点で一新され。医療面でも従来の軍艦とは段違いの充実ぶりでした。なぜこの
ような少人数配置なのかというと。駆逐艦が軍艦ではないことに由来し。複数が
集まって編成される「駆逐発見された旧海軍重巡「摩耶」が主砲を下ろして
まで目指したもの海自導入か「多用途防衛型空母」。どんな船に旧海軍の軍艦における航海関連職の人数について旧海の画像。

船の操作にそんなに必要なのかな?大戦中の戦時標準船である「せりあ丸」を例に取ると、乗組員の総数が70数名。やたら人数が必要な機関科を除くと、残りが甲板員と航海科、飯炊きが二三名でしょう。軍艦と違い、商船やタンカーは、平和な時代ならばいつも太平洋やインド洋を越えて欧米までの長期の航海をしますからね。しかも24時間営業。それでこの人数。これに大砲やら魚雷やらを積んで、その分の要員を載せたのが軍艦です。日本の軍艦に比べてアメリカの軍艦は乗組員の数が五割以上多いです。が、この人数は増設した対空火器の要員と、運用科つまりダメコン要員です。人数が増えたからといって比例して航海科の人数が増えるわけではありません。それでも若手の航海士まで含めれば、そこそこ人数がいないかな?あとあなたの予想にあるような「特定の役職に就かない」というのはありません。水兵であれば、いわゆる「両舷直」といって、暇してる水兵を集めて作業員としますが、士官はそれぞれ役職を持っています。ただ、平時には兵科に関わらず、当直に当たるとその士官に船の航行に責任を持たせていました。戦前の空母の乗組パイロットは、その空母の乗組員ですから、パイロットでも士官であれば空母の操艦を任されることもあったとか。戦時中には「空地分離」として、パイロットは固有の乗組員ではなく、いわばお客さんとなってしまい、このようなことはなくなった。アメリカと同じもちろん狭水道の通過とか、複雑な艦隊行動などは省きます。真っ直ぐな航海だけです。航海術は、いわば艦長の基礎ですから、砲術科も水雷科も通信科も、若い士官のうちからベテランの指導のもと当直として操艦に当たります。海図を引くのが航海科なのです。「船頭多くして船山に登る」とも言います。海軍は専門知識を持った技術者の集団なので艦長が全て分野を把握できているわけではありません。兵士は艦長の指示を聞いて細かい事は自分たちの判断で行動するように訓練されています。だから上が大勢いても水や飯が減るだけで上手く機能することは無いんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です