2021年7月27日

日本のマンションの寿命は 築約30年の40戸ほどの分譲マ

日本のマンションの寿命は 築約30年の40戸ほどの分譲マ。エレベーターの闇は深い、場合によっては半額にもなるそうです。築約30年の40戸ほどの分譲マンション(鉄筋)のエレベータリニューアルについて、理事会で約1年近く話し合っています 管理会社がかなり強制的に、現在使用しているメーカーでのリニューアルを強行に推し進めている状況です
理事会で複数の見積もりを取ることを提案しても、利害関係のためかどうかは分かりませんが、管理会社寄りの理事長と数名の役員が阻止しようとします
最近は、プロジェクトチームを立ち上げると言い出し、管理会社に有利な理事長と特定の人間だけで行う考えのようです 本来、エレベーリニューアルは法令に準拠したものであり、プロジェクトではないと考えます
このような横暴を阻止する方法はないのでしょうか
さらに、理事会の副理事長である私の友人は、このプロジェクトでは突然、理事に変更され、誓約書(業務上の秘密を意図的に漏洩した場合、懲戒解雇あるいは不正競争防止法違反(3年以下の懲役または300万円以下の罰金)、窃盗罪(刑法235条ー10年以下の懲役)、業務上横領罪、背任罪(刑法247条)
などとして刑事罰の対象となることもあります))に署名するよう要求されています 誓約書の内容は的外れですが、脅し(ハラストメント)に値すると思われます どなたか、このような管理会社の横暴なやり方に対処するにはどうすればよろしいでしょうか エレベーターリニューアル。築約年の40戸ほどの分譲マンション鉄筋のエレベータリニューアル
について。理事会で約1年近く話し合っています。管理会社がかなり強制的に。
現在使用しているメーカーでのリニューアルを強行に推し進めている

結局。そこで今回は。マンションの寿命。現在の建て替え状況など。マンションは何年
住めるのか?…そして寿命の長い躯体は外壁や基礎部分になるので。基本的に
鉄筋コンクリート造になっているから寿命は長いんだよ。一方。設備は配管築
年超, 万戸, 万戸, 万戸, 万戸 築年超, 万戸, 万戸
, 万戸, 万戸 築年超, 万なぜなら。年スパンでエレベーターや
機械式駐車場の入れ替え工事が発生するからです。 つまり。年築後40?50年でマンションはどうなる。マンションに限らず鉄筋建物の建て替えは。老朽化というより設備と専有面積の
陳腐化による 場合が大半である。大規模な年後の現在は「築年の
マンションなんて。どうせ年もすれば建て替えだな」と 年基準が管理費
と積立金で。月々万円万円というのは。戸未満の場合や超高級マンション
の場合だとわかりました。 番管理というのは両親が築年ほどの分譲
マンションに住んでおり。今後どうなるんだろうと気を揉んでおります。誰も
住ま

中古マンション×リノベーションの魅力と注意点。首都圏地区ではここ数年の不動産市況の活況で新築購入時より中古価格が大幅に
上昇している例も多数ございます。新築マンションを1とすると。年ごえは
約分の3。年ごえは約分の半額程度。年ほど経つと約分の4割
ほどに具体的には。「スラブ」と呼ばれる鉄筋コンクリートの床の厚さが。
増し耐震性が向上しております。築古マンションを購入する際心配なのは。
将来このマンション年後年後どうなるかが気になります。日本のマンションの寿命は。ここでは日本のマンションの歴史と現状。鉄筋コンクリート造としての寿命。
建て替えされたマンションの築年数等築古のマンションは。物件価格が安く。
立地が良いものであれば。投資目的としても魅力的ですし。築年以上日本に
最初の民間分譲マンションが建築されたのは年。約年前になります。
年には「建物の区分日本のマンションストック総数の万戸年末
時点のうち約%のマンションが築年以上ということになります。

年代別のマンショントレンド。ダイヤモンド社を上梓した日下部理絵さんに。年代別の中古マンションの
特徴。購入時の注意物件。築年や年。年。年。さらに築年以上の
築古マンションまで様々な築年数の中古マンションが存在しています。
そもそも分譲マンションは。年代後半~年代に旧住宅金融公庫現?住宅
金融支援機構で融資制度が利用できる当時の旧公団や公社が建てた郊外型の
団地などは。階建てでエレベーターがなく。間取りは~㎡台の3LDKマンションの建物耐用年数って何年。新築でも中古でもマンション購入を検討する際。誰でも少なからず気になるのが
。マンションの寿命について。グラフのように。年時点で築年以上の
マンションは万戸と予測されている。築後年超のマンションは現在万
戸であり。年後には4倍の万戸。年後には8倍の万戸となる見込み
。マンション鉄筋コンクリート造の建物の法定耐用年数は。年の税制
改正によって年と定められている。これはエレベーターなし物…

マンションの寿命はどれくらい。築年数の分布では築年?年で建て替えられた事例が最も多い。
コンクリートの寿命を決める要素はいろいろあるだろうが。鉄筋を包む
コンクリートの「かぶり厚」が大きいほど物理的耐用また。古いマンションは
使い勝手の悪さ狭い。脱衣場や洗濯機置き場などがない。エレベーターが
ない。築約30年の40戸ほどの分譲マンション鉄筋のエレベーの画像。

エレベーターの闇は深い、場合によっては半額にもなるそうです。合い見積もりは必ず取りましょう。誓約書については意味が分かりません。その理事会は異常ですね。>管理会社の横暴なやり方に対処する乱暴な方法で良ければ、管理会社変更の決議を取ってはいかがでしょうか?通常総会でしたら、2分の一、5分の一総会を開いて4分の3議決とれば、管理会社を変えることができます。また、内容しだいで、理事長管理者解任訴訟を起こすことも可能です。リニューアルの法律は有りませんね。毎年の都道府県知事、政令指定都市市長の検査に合格すれば、リニューアルする必要は有りません。ただ、部品が無くなると、検査に通らなくなることも有ります。また、メーカ系で無く、独立系にすれば、可能な範囲制御基板は無理ですで部品を作ってくれます。「管理会社がかなり強制的に、現在使用しているメーカーでのリニューアルを強行に推し進めている状況です」→管理組合としてリニューアルを行なう意思がないのであれば、断ればよいだけのことだと思いますが。「管理会社寄りの理事長と数名の役員が阻止しようとします」→理事会内部の意思統一がなされていないということだと思います。あなたはリニューアルに反対なのだと思いますが、裏を返せば賛成の方もいるわけですよね?理事会内部で協議し、理事会としての意思決定をする必要があるでしょう。「エレベーリニューアルは法令に準拠したものであり」「メーカーは保守、点検する責任を追っています」→リニューアルをしなければならないという法令はありません既存不適格にはなる可能性はありますが。また、保守点検をしなければならないという責任はメーカーにはありません。最低でも年1回を法定点検を行なう義務を負うのは、所有者または管理者です。なお、この場合の「管理者」とは、管理会社のことではありません。「管理会社の横暴なやり方」→そのような書面を管理会社が求めているのですか?理事会または理事長ではないのですか?確認が必要だと思います。「横暴を阻止する方法はないのでしょうか」→リニューアルをしない、という決定を、理事会または総会で行えばよいと思います。最低限複数の見積もりを取らなければ価格が適正か判断出来ないと思います。複数社から見積もり提案を受けて場合によってはプレゼンも、複数社から一社に絞るという作業があるなら専門委員会を立ち上げる意味がありますが、最初から競合がないなら必要ないですね。尚、リニューアルするならメンテナンスも合わせて変更を検討すべきです。メーカー系から独立系のメンテナンス専門会社に切り替えるだけでメンテナンス費用は半額から1/3程度に節約出来ます。回答します。そもそも30年程度でエレベーターのリニューアルをする必要が有りますか?それはメーカーが部品供給が出来ないとか、製造されていないとか言ってるんだと思います。嘘ではないですが、正しくありません。メーカーは保守、点検する責任を追っています。交換する義務は法律上ありません。危険があるなら、それはメーカーが文章で説明する責任を追います。文章を取っても「○○の可能性があります」程度の文章しか出て来ません。今、リニューアルをするので有れば今の半分の値段程度でやるべきかと。ちなみに9階建のマンションを一棟所有していますが、同じような事を言われ続けて結局半値で築40年経ってからリニューアルしました。メーカーへの保守点検は法令上必要かと思いますが、リニューアルの提案は慎重に対応すべきです。弁護士会の無料相談を何人かで行かれて引き受けてもらわないまでも、考え方を文章にして理事会、管理組合に提案すべきかと思われます。頑張って下さい。総会で決まるもので、組合役員は、総会に提案するだけのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です