2021年9月25日

待機児童の解消 公明党はどこまで待機児童の解消ができるの

待機児童の解消 公明党はどこまで待機児童の解消ができるの。ただ自民党にくっついて無難な事だけを言い火の粉を被らないようにしている政党なんかに、何かを達成する事など出来やしない。公明党はどこまで待機児童の解消ができるのでしょうか 根本的に保育士の待遇改善(給料の面だけではなく、職場環境の改善など)はどれぐらいしていく気なのでしょうか いつもの国民にええかっこして、宗教分離の原則をあやふやにしたいだけの政策にも感じます 公明党横須賀市議会議員団。超高齢化社会の横須賀の都市像を市長はどうお考えでしょうか。伺います。
拡充を図られるようですが。子ども?子育て新制度へ移行する中で。待機児童
解消のについて任期中にどこまで推進されようとしているのか。教育長に伺い
ます。掲げる市長は。こうした根本的な課題をどう認識されているのか伺い
ます。待機児童の解消。待機児童の解消 受け入れ枠を万に拡大。保育士確保を実施。 都は独自に「
スマート保育」も 「子育ても仕事も頑張りたい!そうした人々が資格を
生かして就職できるよう「保育士?保育所支援センター」を都道府県に設置し
ます。

ただ自民党にくっついて無難な事だけを言い火の粉を被らないようにしている政党なんかに、何かを達成する事など出来やしない。あの政党は不要です。宗教だけやってればいい集団です。だと思います。世界各国からカルト指定を受けている創価学会が母体なのですから。政府としてどのような進捗になっているのか、厚労省がHPに出してますよ。そもそも待機児童の解消は国の仕事ではなく地方自治体の仕事です。その待機児童解消を国としてどのように貢献するかの案ぐらいは披露するべきですよね。それをしないからきれい事にしか聞こえないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です