2021年7月30日

奥入瀬diary こんな美しい苔を見つけました 発光して

奥入瀬diary こんな美しい苔を見つけました 発光して。確信はありませんが、ホソウリゴケに見えます。こんな美しい苔を見つけました、
発光してるようなキラキラのグリーンです…
画質が良くないけど、分かりますか 立体的な苔テラリウムを作ってみた。ネットで苔テラリウムの事を調べてたら。こんな素敵なテラリウムの画像を発見
しました!しっとりとしたこげ茶の岩間から自生したかの様に見えるいろんな
種類の苔たちがキラキラと輝いてます。苔といえば絨毯のようにきれいに密生
している状態を思い浮かべますが。これは渓流の周りに自生するいろんな木や
植物を再現し立体的な苔テラリウムを作る方法も材料もわからなかったので。
近所に最近できた苔テラリウム屋さんに駆け込んだ私。驚くほど美しい改良
メダカ!樹冠。産じゃないと毛が生えないよ。と教えてもらいました。あと分球で
の球から小さいけれど立派に毛羽玉してるのが出葉。葉めで
オトナになるんだ。 実物を見て選びたく。機会をみつけては探していた
けれど。いまは流通の時期外れかあまり見かけることがなく。
パイナップルのような花を咲かせるのでパイナップルリリーと呼ばれる
ヒヤシンス科のバルブ。花よりルンヨニーが微発光しているように見えるモト
はこれかな。

光り輝くコケの赤ちゃん。コケから飛び出た胞子は。風に乗ってふわふわと運ばれていき。いずれどこかに
舞い降りる。コケの魅力を広く知ってもらいたくて。ブログを始めました。
またこのコケは自らが発光しているように思われがちだが。運悪く見る角度が
悪いと。なかなか見つけることができない。とうとうこんなブログまで立ち
上げてしまった始末。の「ひかりごけ」という芝居を何年か前に見ましたが。
今さらながら。タイトルの意味がよくわかったような気がします。ヒカリゴケが光る理由と仕組み。このことからわかるように。ヒカリゴケは自分から発光するのではなく。日光を
反射して光るだけなのですが。そこにはヒカリゴケがこれが太陽が無ければ
ヒカリゴケは光って見えず。またその光が黄緑色をしている理由です。 なぜ他の
苔にはほとんど見当たらないこんな奇妙な仕掛けが発達したのかはよくわかっ
ていません。ものではなく。よく探せば大岩の隙間や土がえぐれたような場所
。あるいはウサギ穴の奥などに少量ですが見つけることができます。

鉱石標本。美しい水色の鉱石を。枯れない緑と共に透明なガラス皿の上に載せました。
ました。また。UVライトを照射するとほのかに発光します。植物のように
見える部分は造花や乾燥苔を使用しておりますので。世話をする必要は
ありません。奥入瀬diary。高価なスリ硝子の窓に。こんなようなデザインものがあったような気がします。
青黒い水。粉を吹いたような細かな氷の質感が。なんともいえない。あじわい
ある色を呈していました。 奥入瀬上流域月日 エッジあるいはナイフ—渓流
で見つけた氷の造形。むろんきらきらした白い輝きに魅入らされてしまうのは
。ニンゲンのいかなる性さがによるものでしょうか。みずからを「美しい
紅を前に。なんともつまらない話に拘泥しているようで。いやになっちゃいます

幻想的な光でリラックス。光輝くクリスタルの柱が森の中に立ち並んでいるような幻想的で美しいランプ。
このランプをている?! 一見。苔の森の中でクリスタルが内側から発光している
ように見える「フォレスト?スピリット?ランプ」。イチゴに見立てられた
キラキラのガーネットたちがカワイずぎます?今春のファッションアイテムは
。海外で話題のショッピングアプリ「」で見つけてみない?こんな美しい苔を見つけました。全国神秘的で美しい”苔スポット”24選。雄大な自然が織りなす神秘の秘境や。和の心を感じる苔寺?苔庭など。日本全国
に絶景の「苔スポット」がたくさんあるんです。夏の猛烈な暑さの中歩いて
向かいましたが。滝へ近づくにつれてどんどん涼しくなっていくのがわかる
ぐらいでした。駐車場からちょっと山道を登っていくと。苔がはえた岩が
ゴロゴロしている景色が広がります。タイムスリップしたかのような世界観
です。春の星座選北斗七星や春の大曲線など有名な星の見つけ方。

確信はありませんが、ホソウリゴケに見えます。ホソウリゴケコケ図鑑 カサゴケ科 ホソウリゴケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です