2021年9月23日

人?農地プラン 農地中間管理機構の5年後見直しが公表され

人?農地プラン 農地中間管理機構の5年後見直しが公表され。最終的には農業委員会の許可や認可がいるので大丈夫だと思うのですが。農地中間管理機構の5年後見直しが公表されました

1 農地バンクが、農地の集積?集約化に向けてその本来の機能を発揮するため、地域
の特性に応じて、市町村、農業委員会、JA、土地改良 区等のコーディネーター役を
担う組織と農地バンクとが一体となって推進する体制を構築する

と総論に記載されています

ここで問題視したいのは、「JA」という一文です 唯一民業の名前が加えられております
農地の貸付、振り分けについて、JAの意向が働き、JAに出荷しない農家や、組合員でない農家は排除される恐れがあると思います

なぜ、他の民業や不動産業などを差し置いてJAが加わるのでしょうか 鹿児島県/農地中間管理機構を活用した農地集積?集約化の促進。機構は,「農地中間管理事業の推進に関する法律」に基づき,都道府県につ設置
されることとなり,鹿児島県では,公益今回,農地中間管理事業の年後
見直しに伴う「農地中間管理事業の推進に関する法律」の改正等に伴い県基本
方針を変更しました。希望者の募集?公表; 貸出者と借受者のマッチング;
市町村による農地利用配分計画案の策定; 機構による農地中間管理権の
まとまった農地を借りて,経営規模の拡大が図られます。このページの情報は
役に立ちましたか?

農地中間管理機構の制度や実績等:農林水産省。公益通報の受付窓口情報公開個人情報調達情報?公表事項電子入札
センター農地中間管理機構一覧や借受公募状況については。「農地を借りたい
方。貸したい方へ」に掲載されております。プランを核に農地集積?集約化を
推進するための機運を高めるため。農地バンク年後見直し推進総決起大会を開催
しました。とともに。農地中間管理事業に関する事例紹介と人?農地プランの
実質化に向けたパネルディスカッションも行われましたので資料と動画を掲載し
ます。さいたま市/人と農地の問題解決に向けて「人?農地プラン」。集落?地域で徹底的に話合いを行って。「人?農地プラン」の作成?見直しを
進めましょう。農地中間管理事業がスタートして年目の区切りを迎えたこと
から。事業を一層推進するため国により制度が基に。年後。年後の地域の
農地利用を担う中心的な農業経営体や将来の農地利用のあり方。近い将来の農地
の平成年月に作成した馬宮地域については西部地域へ。春岡地域について
は中部地域へ統合されました。農地中間管理機構を活用しましょう!

人?農地プラン。毎年人?農地プランを見直しています国農林水産省が事業をスタートさせ
た「人?農地プラン」は。地域の高齢化や農業の担い手不足が心配される中。年
後。年後までに。誰がどの今後のプランの実質化に向けた工程表を公表し
ます。農地中間管理事業の推進に関する法律平成年法律第号第条
第項に基づく農業者等の協議が行われましたので。同項の規定により公表します
。地域集積協力金???機構にまとまった農地を貸し付ける地域に対する?援5年後の見直しを行った農地中間管理機構を。そのポイントは。まさに。上からの株式会社の農地所有適格法人としての参入
など。農外の株式会社の参入ではなく。あくまで自治体。。そして地域の農業
者の話し合いの中で作り上げられる仕組みに改善されたのである。

人?農地プランの実質化に向けた工程表の公表について。令和元年月。農地中間管理事業の推進に関する法律が一部改正され。地域の特性
に応じて。市町村。農業委員会。農業協同組合。土地改良区など地域の
コーディネーター役を担う組織と農地中間管理機構が一体となって推進する体制
を作り。人?農地プランを核に農地の利用集積?集約化を一体的に推進していく
ことになりました。対象地区の相当部分について。おおむね年から年後の
農地利用に関するアンケート調査を行います。人?農地プランについて。地域地区での話し合い アンケートや地域地区の地図を利用し。おおむね
5年から年後の農地利用について中心実質化された人?農地プランの公表
話し合いの結果に基づき。「人?農地プラン」の原案をとりまとめ。その後。市
の農地中間管理事業の推進に関する法律が一部改正され。今後。地域に応じて
。市町村。農業委員会。農業協同組合。中間管理機構が一体となって推進する
体制を作り。農地の利用集積?集約化を一体的に推進していくことになりました

人?農地プランの公表。人?農地プラン」とは。5年後。10年後の後継者不足や耕作放棄地の増加など
。地域農業や農地のさまざまな問題を解決するため。地域の実質化された人?
農地プランの公表 農地中間管理事業の推進に関する法律平成年法律第号
が一部改正され。今後。地域の特性に改良区などの地域のコーディネーター
役を担う組織と農地中間管理機構が一体となって推進する体制を作り。人?農地
プランを核に農地の利用集積?集約化を一体的に推進していくこととなりました

最終的には農業委員会の許可や認可がいるので大丈夫だと思うのですが。非組合員や組合員に対して不利なことをしているJAなんて先が見えてます。組合員のための組織であって改革していくのも組合員です。>JAの意向が働き仰るとおりですね。これは、法的裏付けこそあれ、任意団体です弁護士会の様に加入しないと弁護士になれない、という団体では有りません。ある、政党の集票機関だからだと思います。まあ、土地改良区も経緯次第で民間だ補助金漬けですがと言えなくも無いですが。市町村、農業委員会は有権者によって選出された組織ですね。農業委員会の委員も農家からの選出。過半数は農家でそれ以外は利害関係の無い人土地改良区の理事や総代も農家からの選出。JAの組合長も理事も農家からの選出。むしろ農業の当事者でも無く利益のみが目的の民業や不動産業を入れる方がおかしい。不動産屋です。約30年やってますが、オイラでは農地の集約の仕事は無理ですね。農地中間管理機構は、おじさんばっかりで、いつも暇そうにしてますが、もしかして彼らは何処からか来た、天下り集団かなと推測してます。はたから見てて、要らないと思ってますが。まだ、JAさんがやってくれた方が、いいですね。戦後、細分化された農地を集約するのら、それがいいかも。JAがどのような組織であるかご存じないようですね。簡単に説明するとJAは民間団体でありません。農協法で組織を定義され、組合員、事業地域、業務内容を決められています。半公共団体なのです。また、農協金融と営農指導で農業者の経営内容を把握することのできる団体です。中間管理機構の目的が地域農業の振興であるようにJAも同様の使命を担っています。中間管理機構を利用するということは地域農業に貢献することになります。同様にJAの組合員になることも同様なわけです。組合員ではない農家を排除?市町村、農業員会は農業者以外の委員の意見が反映される組織です。そういう構成であれば農協の意向だけで決定しないことは明白です。排除される恐れとはどういう根拠でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です