2021年9月23日

久保田学園 現在某大手の塾集団授業で正社員の講師として働

久保田学園 現在某大手の塾集団授業で正社員の講師として働。まず、全体的な話の流れとして、あなたに誤解もしくは方向性の違いがあるんじゃないかと思います。現在、某大手の塾(集団授業)で正社員の講師として働いていますが、退職を検討中です 25歳男性 理由は以下の2点です 1 ここで働きたい と初めて強く思える企業に出会えたこと 2 そこでは、私が最近興味を持っていた営業職としての経験のみならず、若手のうちから企画立案などの多岐にわたる分野での経験を積むことができ、将来のキャリアに幅広い選択肢をもたらすことが期待できること(選択肢を増やせるかどうかは私次第であることは承知しております) エントリーもまだですので、内定を頂けるかどうかもわかりません 仮に、この企業との縁がなかった場合は、転職活動はせずに現職を続けるつもりでいます それくらい、その企業に魅力を感じています 待遇面では現職の方が良いですが、私はそれよりも今後のキャリアを優先したいと考えるようになりました 職場に対する不満はありませんが、ここ半年間で塾講師という職種の将来に不安を感じるようになったのも、今回の退職検討につながりました 8月末退職を希望していますが、塾講師という仕事柄、その辞める時期に問題があります まず、中学3年生を担当していること 受験生を、それも校舎に在籍している3年生のうちの半分以上を教えている立場の人間が、夏期講習明け頃に辞めるという点に対する抵抗はあります また、進路面談を担当していることもあり、時期的に問題があると上司からも突っ込まれそうです しかし、だからといってその企業が受験が終わる3月半ば頃にも、中途の採用をしているという可能性に望みを託すのはリスキーですし、むしろその可能性は低いでしょう 少なくとも、その企業は昨年12月?3月にかけては中途の採用活動はしていませんでした 転職サイトには興味本位でかなり前から複数登録していたので、その点は把握しています 会社HP上ではもしかしたら募集していたのかもしれません… いずれにしても、そのタイミングで採用活動をしている事を知っていれば、私は迷わずエントリーしていました 衝動的になっているのかもしれませんが、このタイミングを逃すと後悔する予感がします どうしても内定を頂き、待遇面では劣っても頑張って働きたいと思っています 「塾講師で、しかも受験生を担当しているんだから、最後まで見守るべきだ」という意見はよくわかりますし、その点は私も重々承知しています もっと言うと、1,2年生については上位クラス(はっきり言って天才集団です)も担当しているため、尚更尻込みしてしまいます ただ、ここを逃したら…という無限ループに陥っており、もうどうすべきかわかりません 塾講師だから、辞める時期は他のサラリーマンよりも考慮して年度末だけにしとけというのも、冷静に考えればちゃんちゃらおかしな話にしか聞こえなくもありませんが… 転職エージェントには相談する予定です 面談のアポも取っています この話をすべて素直に上司に打ち明けるべきかどうか、皆様のご意見もいただきたいので、どうぞアドバイスよろしくお願い致します 塾講師。将来役立つスキルが身につきます 塾講師バイトでは。生徒に理解してもらえる
ように授業を行うため。自然とプレゼン能力や応募先電話番号 —
勤務期間 長く働いていただける方大歓迎 ※勤務開始日はお気軽にご相談
ください。集団指導の塾講師 / 小中学生対象高時給 週日/コマ時間分の
短時間から働けるので忙しい大学生。かけもちやその中でも経堂教室は。某
大手塾の個別指導研修の責任者だった経験を持つ教室長が丁寧に指導しますので
。塾講師

塾講師の正社員になるには。この記事では。塾講師の正社員になるにはどうしたらよいのかをまとめています
。現在。学習塾は大きくつに分けることができ。教室で一斉に授業を行う
集団授業型と。生徒に個別に講師がつき指導する形の個別指導塾があります。
集団指導塾と個別指導塾では。対象ターゲットとしている生徒が異なります
。業界専門の転職エージェントだから。大手エージェントでは積極的にご紹介
しないような求人教材制作/学校営業/スクール運営/各種企画職もご個別指導塾でアルバイトして思ったこと親御さん向け。某大手個別指導塾でアルバイトしていた人が名指しで暴露し
ている記事を見て思った個別塾で働いている人は?塾では。人手が足り
なかったときに正社員の集団授業を受け持っていた人が来ていたが。めったに
ないケース。そのため。塾講師は現在習っている単元をやりつつ。苦手な
ところをどうにかしてあげないといけない。そもそも。ご家庭でも勉強させ
ようとしてうまく行かないから塾に入れているわけで。その難しさは親御さん

久保田学園。久保田学園 長田教室の塾バイト情報なら塾講師ステーション!大学生が気になる
「正社員 集団指導講師?教室長候補?教科責任者候補 小中高校生対象
正社員神戸市内で続々と教室を展開し。現在兵庫区?長田区?北区?西区?
垂水区に計15拠点。今なお成長を行います。模擬授業。模擬対応も技術や
完成度ではなく。それぞれの個性を見せていただく機会としています。久保田
学園で働いた先輩の声 ◇学生講師さん大阪大工?大手航空会社に就職。
久保田学園求人ボックス。研修がありますのでタブレットの使い方や塾講師としてのお仕事も勤務いただい
てから身に着けられます。 室長。社員も現在は長崎県内か所で学習塾を
運営しています。今回は。生徒たち髪?ネイル自由!個別?集団授業を選べる!
塾講師 有限会社富士進学スクール貴方の得意 分野で働いていただけます。塾
講師

塾の『教室長』の仕事。塾の『教室長』の仕事 現在。学習塾で契約講師として働いています。契約社員で
なく正社員になって足元を固めたいと思う気持ちから転職を考えております。
そこで。個別指導主な仕事は。おそらく講師のシフト作成。教材発注。保護者
面談。生徒面談。授業←建前では授業はしないが??などだと思われます。
仮にチラシを見て塾に来たとして。個人で塾を企業するにあたり。金融機関
→大手個別学習塾→個人で学習塾設立という流れで現在に至ります。教室長の年収はどのくらいで仕事内容は。塾の教室長としての業務は多岐にわたり。塾によって教室長に求められている点
が異なります。今回は塾学習塾や予備校のシステムは多様化しており。集団塾
だけではなく。個別指導を特色とする塾も増えています。集団塾生徒の数に
合わせて塾講師のシフトを管理し。滞りなく授業ができるようにマネジメント
するのが教室長の役目です。それでは。大手の塾ごとに年収や求められる能力
を見ていきましょう。教職へのステップアップのために働いている

塾講師になるには。今回は「塾講師になりたい」という人向けに。塾講師の仕事内容や時給。必要な
能力や資質。採用されるまでの流れなどについて解説します。通っていた塾が
印象深くて。「自分も塾講師になりたい」という人まで。さまざまな大学生が塾
講師として働いています。人の講師が~人の生徒を教える「個別指導塾」
と。人の講師が~人程度を担当する「集団塾」です。主に正社員が行い
ますが。模試の運営や採点などはバイトもサポートに入ります。

まず、全体的な話の流れとして、あなたに誤解もしくは方向性の違いがあるんじゃないかと思います。あなたは上司に愚痴を言いたいわけでもなく、転職の相談をしたいわけでもなく、「退職の申し出」をしたい。のでしょう。最初に会社の就業規則を確認しましょう。たとえば「退職の場合は一か月以上前に申し出る事」と書いてあればひと月前が原則です。8月末から逆算すると7月末ということですね。その時点では面談とか内定の状況に関わらずきちんと退職意思を伝えることになります。これがきちんとわかって上で>この話をすべて素直に上司に打ち明けるべきかどうか、皆様のご意見もいただきたいので、というなら、今伝えるか、と7月末に伝えるか、どっちがいいかという話になりますよね。その判断の基準は、あなたがつらつら書いてきたことでしょうか? それは全然的が外れています。あなたが書いたことは、どっちかといえば?辞めるか辞めないか?辞めて会社が困るんじゃないかということをつらつら書いておられる。もう一度繰り返しますがあなたは上司に愚痴を言いたいわけでもなく、転職の相談をしたいわけでもなく、「退職の申し出」をしたい。のでしょう。それなら就業規則に合わせて、という事でいいんじゃないでしょうか責任感の強さで悩んでおられるようですね。確かに今やっている業務を投げ出して転職するのは気が引けますよね。でもこれはご自身のキャリア。そこはしっかりと自己中 で考えていいと思います。そこで、①今の塾の上司には決して相談しないこと。ただし、雇用契約や口約束等の中で退職時期について縛りがないかは確認が必要と思います②エージェントに登録する今回のケースで一番厄介そうなのは、退職時期と退職交渉だと思います。どちらもご自身が行う必要はありますが、エージェントからのアドバイスは貰えるのでエージェントを活用するといいと思います今回の案件では、営業未経験 というのは転職上ネックになりうる部分ですが、塾講師としての経験は、営業職に必要なスキルをかなり含んでいると思います。今一度ご自身のつよみ、経験を深掘りして営業未経験 をしっかりとカバーできる書類対策、面接対策をお勧めします。例えば企画立案が求められる職務であれば、これまでのキャリアの中での企画立案の実績や知識等をしっかりと説明出来るような準備も必要ですただ、一つだけ少しだけ気になる点。今回志望する会社への思いが本当に強いのはよく分かりました。ただ、その中に「魔法」的な要素が入っていないか、しっかりと再度現実的にみて魅力がしっかりとあるのか だけは再度冷静に考えておくとなおいいと思います。待遇面が今のほうがいいのであればなおさら、もし「魔法」があり、それがとけてしまった場合、理想と現実のギャップがかなり大きく生じてしまうリスクがあるからです。例えば「企画立案」ができるのが一つ魅力とのことですが、どの会社でも、多かれ少なかれ「できる営業マン」は「企画立案力」に優れており、かつ様々な企画立案をしながら数字をつくっていものです。今回の案件がどのレベルでの「企画立案」を言っているか把握できないので、言及の仕方が難しいですが、今一度志望されている会社がなぜ魅力なのか、他社とは何が違うのかをしっかりと現実的にみてみるといいと思います。それはつまりこの案件での面接等の活動にも有効にはたらくので、ぜひしてみてください。「魔法」がとけてしまい、理想と現実に大きなギャップを持ってしまった人を何人か見ている人間からのアドバイスです元採用担当のおぢさんです。活字で手短に書きますので、厳しい感じがしたらご容赦くださいね。この話をすべて素直に上司に打ち明けるべきかどうかこれは内定が出てからですね。相談だけして辞めない不合格だと最悪ですから。たしかに、担当した生徒さんを送り出せたほうがご自身も納得できるでしょうが、多分それだけのことです。質問者さんが抜けた穴については、辞める人間が心配するべきことではありませんし、在籍者たちでどうにかすることなのです。まぁ、組織というのは人一人抜けたくらいでどうにかなるものではありません。もちろん退職された直後は多少ガタつくでしょうが、失礼ながらよりハイスキルの先生が来る可能性もあるのですから。仮に、この企業との縁がなかった場合は、転職活動はせずに現職を続けるつもりでいます。それくらい、その企業に魅力を感じています。もっともらしい文章ですが、矛盾されていますよ。それくらい魅力に感じているのなら、何度でもその会社や職種に挑戦するものではないですか。あるいは、「それくらいこのチャンスにかけている」という表現であればまだ妥当でしょうか。人事は応募者の話にウソ?矛盾があることを非常に嫌います。入社したいとか頑張りたいとかが全てウソに感じてしまうからです。ご留意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です