2021年7月29日

ボクシング 村田諒太はブラントに勝てるかな

ボクシング 村田諒太はブラントに勝てるかな。再び対戦が決まった時から、「今回は勝てる」と、思っています、。村田諒太はブラントに勝てるかな 200年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太はGGGにもカネロに。年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太はにもカネロにも勝てる!」
スティーブン?バトラーの実力は村田よりもかなり下でした。7月のロブ?
ブラントとの再戦の方が。村田らしさが出ていたんじゃないかな。大物プロモーターが村田諒太を称賛「アルバレスに勝てる可能性を。ボクシングのダブル世界戦は12日。大阪市のエディオンアリーナ大阪で各12
回戦が行われ。世界ボクシング協会WBAミドル級は前王者で同級4位の
村田諒太帝拳が王者ロブ?ブラント米国との再戦を2回2たけしがリベンジマッチ?村田諒太にエール。WBA世界ミドル級タイトルマッチ/ロブ?ブラント×村田諒太~」後8?0。
地域により後8?06。 たけしはまず。左ジャブを中心に自分が動き回って
。相手の横にジャンジャン付けるようなフットワークがあれば。このリベンジ
マッチは勝てる」と確信。 さらに。試合会場には「山根明。日本
ボクシング連盟前会長さんの格好をして行くかな。とりあえず。控室に

村田諒太が勝つためには「考えないこと」が必要なのかもしれない。ロンドン五輪金メダリストの村田諒太。帝拳は。対戦相手のアッサン?
エンダムを一度ダウンさせながらも。判定に泣いた。 月日。両者の
そういう境遇になって。共感されたんじゃないかなと感じます。だから次が大事
。村田諒太。世界ミドル級タイトルマッチ。王者のロブ?ブラントアメリカと挑戦者
の村田諒太帝拳の再戦が日。エディオンアリーナ大阪で行われる。村田諒太はブラントに勝てるかなの画像。ボクシング村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由。月日金。エディオンアリーナ大阪で『世界ミドル級タイトルマッチ』が
行われ。挑戦者で同級位の村田諒太=帝拳が王者のロブ?ブラント=米 を
2回2分34秒。で下し。ベルト奪還に成功した。

ボクシング。いよいよアルバレス村田諒太が現実味を帯びてきましたが。村田諒太がカネロ
に勝てる

再び対戦が決まった時から、「今回は勝てる」と、思っています、。頭の良い村田ですから、。勝って欲しいし、勝てるはずだと思います。KO狙いの距離を詰めたボクシングで行けば勝てると思います。ミドルの日本人選手、村田に「ぜひ勝ってほしい」ですね!そして後輩たちにいい刺激を与えて欲しいです。しかし悔しいことに村田は手が圧倒的に少ない。攻撃力、たたみかけ、ひたむきさがもっともっと欲しい。解説時やコメントなどの”ひけらかし感”や”多様な言葉”は不要。端的で鋭い言葉だけで良いと思う。話の内容通りの結果が出れば何も言わないが、あんな試合内容ではファンは離れていく筈。今回が正念場。おれ達村田ファン、ボクシングファンを唸らせてほしい。頑張れ!WBAレギュラーとはいえ、ミドルのチャンプがいると日本のボクシング界の価値も上がると思ってるんで、ここまできたら応援するだけだなー競馬でも名馬が凡走することはたまにありますので…そういう場合、次のレースではたいていの場合勝っています。もし村田が勝てば、名ボクサーの証なのかもしれません。今回は前回と立場、環境が全く逆なので勝てるんじゃないですか?※前回の試合のOdds『SportsBet』村田 1?12倍ブラント 5?2倍↑このオッズを考えると、村田の体調面改善、地元開催等の理由で村田有利ではないかと…m_ _mやってくれるんじゃないかと思ってる新しい村田が見たいこのホームリングで、ブラントに勝てなければ世界と戦っていくことは到底無理だろうね負ければ、やはり引退になるだろう。ラストチャンスというのは本人も周りも分かっていると思うミドル級は井上の階級と違い段違いに難しく、選手層が厚い。まさしく人類最激戦区。突然失礼します。前回のベガスでの防衛戦の村田さんのコンディション等は何故か最悪でした。プレッシャーもあったのか、、、だから本人からしても自分のボクシングが一切出来なかった事に後悔し、ボクシングを辞めた時にあれでよかったのかと問いかけ現役続行を決断しました。村田さんなら、今回の再戦に向けて物凄く闘争心を高めていると思います。また、右ストレートはたしかにパワーがとてもあり注意されるでしょうけど、オリンピックで金メダルを取った時も実はボディーの使い方が上手かったから金メダルを取れました。ボディーを打つタイミングなどを工夫しているのならガラッと変わるかもしれません。私は今回村田さんがコンディション、モチベーションを最骨頂に持ってくることができると信じ、村田さんが勝つと思います。てか、本当に勝ってもらいたいです。自分も応援にいってきます。でも、もしものもしも負けたとしてもボクシングのミドル級とゆう階級で日本人がここまで戦えた事は誰がなんと言おうが私は村田さんを日本のボクシング史上の誇りだと思います。一戦目を見た限り、厳しいと言わざるを得ないでしょう。あの差をこの短期間で埋めて、更に追い越すというのはあまり現実的ではないと私は思えてならず、そんなに甘くはないとどうしても思ってしまいます。酷な言い方になりますが、これまでのツケが回ってきているような気がしてなりません。なんか行けそうな気がしています。日本での試合、引退もかけた村田の意気込み、そして前戦の結果が過信につながっているブラント???ガツーンと倒してもらいましょう!厳しいだろうけど、村田陣営も流石に無策ではないはず。だからこそ、村田がどんな戦い方するのか凄く楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です