2021年9月25日

ニッポニカ 特高警察は右翼も取り締まりしてましたか

ニッポニカ 特高警察は右翼も取り締まりしてましたか。右翼と言えども過激な者は検挙していました。特高警察は右翼も取り締まりしてましたか 特高。特別高等警察とくべつこうとうけいさつは。国事警察として発足した高等
警察から分離し。国体護持のために無政府高等警察事務の一部であった危険
思想取締りのため。内務省が枢要地に特に専任警部を配置することを勅令で決定
し。大日本帝国特別高等警察とは特高警察。特高は。いわゆる「左翼」のみならず右翼に対しても取り締まりを行っていたの
ですが。年昭和年には。警視庁の特高課を一課。二課に分割してい
ます。 左翼取り締まりが一課。右翼取り締まりが二課の担当で「思想犯」にされた日々。逮捕された菱谷さんはその後。特高警察の厳しい取り調べに遭う。共産主義など
知らない。そんな思想は持っていない……。いくら否定しても。捜査員は許して
くれない。それに

特高野郎「い組」。取り締まられる-身も蓋も無い云い方をしてしまえば「弾圧される」-側の政治
信条を持っていたのか。と云うところは。特高警察官がその対象とする犯罪者
は概ね内心。国事犯的矜持を有し。所謂思想犯として自ら持する事甚だ高い傾向
があるつまり。「編集兼発行人一人だけの自称『団体』」であっても。中枢
機関が存在=相応の組織=一層の査察?取締が左翼と中間派の合同全農の
成立-全国農民組合の綱領主張役員-極右翼の合同全日農の成立-右翼の
大合同-ニッポニカ。特高警察の活動が本格化するのは。ロシア革命を機に労働?農民運動。さらには
社会主義。共産主義の運動が広範に展開とくに。それら運動の取締りを名
として年大正に制定された治安維持法は特高警察の最大の武器となり
。同法以後特高警察は従来高等警察の行っていた事務を次々に吸収し。組織的
にも肥大化の一途をたどる。さらに。年代前半に軍人?右翼による暗殺?
クーデターの試みが頻発するに伴い。特高警察はこの取締りをも担当するように
なる。

当時の共産党はちっぽけな存在で恐れるに足らなかった。本当のことがわかる昭和史《》社稷を念ふ心なし――五?一五事件への道
特高の取り締まり対象は左翼より右翼その頃。共産党の天皇制廃止という方針
は国民大衆の支持を勝ち得るものではなかったし。人々の間には尼港事件の話
は少し逸れるが。私は戦争中に特高に捕まり警察の取り調べ所に入れられていた
親類の者に。当時の心境を尋ねたいまの人にはわからないかもしれないが。
戦争中はたとえ監獄に入れられても。「軍隊に入ると思えば我慢できた」ので
ある。特別高等警察とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 特別高等警察の用語解説 – 反体制活動の
取締りのために設置された戦前警察の一部門全国の特高部,あるいは特高課は
内務省警保局保安課のもとに一元的に統轄され,極端な思想弾圧組織として恐れ
られた。政治警察をフランスやドイツでは高等警察フランス語で
。ドイツ語で と称していた。日本では。この高等警察の任務
の主たる部分をなす反体制運動の取締りをもっぱら行う機構が。そこから分離
独立して

戦前の庶民の不敬?反戦発言をまとめた25歳作家が語る「表現の。かつて反体制活動を取り締まった特別高等警察特高が摘発した庶民の言葉を
紹介する「戦前不敬発言大全」「戦前反戦発言大全」パブリブ。年。
右翼によるクーデター未遂事件「神兵隊事件」で犯人逮捕に貢献したとして紹介
された警視庁の特高警察のメンバー特高月報は戦後しばらくしてから書籍に
なり。自宅近くの図書館にも復刻版がありました。戦争で家族を亡くした親族
の反戦発言など。まじめなものも取り締まりの対象になっていますね。特高とは?意味。特高 設置され,敗戦直後まで活動した社会運動,紛議,言論,
思想取締りのための警察機構。〈視察内偵〉や取締りも担当した。年ごろ
から右翼取締りも対象としたが,特高自体が右翼的思想を精神的支柱として
いたから,その取締りは左翼に比していちじるしく寛容で,年の排英運動の例
が示すように,しばしば統制下に入った右翼団体を内務省の政治目的のために
利用した。年

右翼と言えども過激な者は検挙していました。しかし、取り調べなどは左翼に対するそれと違い、さほど暴力を用いず、「もう少し自重した行動を取れよ」といった程度です。右翼の中には陸軍強硬派と結びついている者も多く、逮捕すると陸軍の幹部が「なんで逮捕した!」とねじ込むこともありました。東條政権になると憲兵が民間に対しても権力を振るようになります。いわゆる革新右翼の中野正剛は反東條工作をにらまれ、東條は以下の憲兵隊に検挙され、釈放後に割腹自殺しています。何らかの拷問があったと思われます。特別高等警察とくべつこうとうけいさつ、英語: Special Higher Police, SHPは、国事警察として発足した高等警察から分離し、国体護持のために無政府主義者?共産主義者?社会主義者、および国家の存在を否認する者や過激な国家主義者を査察?内偵し、取り締まることを目的とした日本の政治警察である。内務省警保局保安課を総元締めとして、警視庁をはじめとする一道三府七県に設置されたが、その後、1928年に全国一律に未設置県にも設置された。略称は特高警察とっこうけいさつ、特高とっこうと言い、構成員を指しても言う[5]。第二次世界大戦後の1945年に連合国軍最高司令官総司令部GHQの指示により廃止された。特別高等警察は、高等警察の機能を持つ組織である。高等警察とは、「国家組織の根本を危うくする行為を除去するための警察作用」と定義される。いわゆる政治警察や思想警察のことである。戦前の日本では、治安警察法、出版法、新聞紙法などに基づいて、この種の警察作用が行われた。特別高等警察では、このうち特に、社会主義運動、労働運動、農民運動などの左翼の政治運動や、右翼の国家主義運動などを取り締まった。特別高等警察は、各県の警察部長を経由して地方長官知事の指揮を受ける一般の警察と異なり、内務省から直接に指揮を受ける特殊な警察組織であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です