2021年9月25日

クラウドCDN Akamai アカマイはCDNを構築して

クラウドCDN Akamai アカマイはCDNを構築して。お金を払うのは、基本的にはコンテンツ配信側ですね。Akamai アカマイはCDNを構築して、誰がアカマイにお金を払ってるのですか 要は顧客は誰になるのですか ISPなのでしょうか もしそうだとしてISPがアカマイを利用しないとしたらコンペはいるのでしょうか
そのあたりの仕組み/お金の流れがわかりません 今後増大する「トラフィック爆発」や「サイバー攻撃」から誰が。事実。アカマイが観測した範囲でも。インターネット上のトラフィック量は
ロンドンオリンピック時の倍に達し世界カ国以上に約万台の配信サーバ
を配置してグローバルなプラットフォームを構築し。ユーザーにを提供する「
コンテンツ配信サービス」を中心に。快適なを閲覧のための環境を
整備している。特集。年を目指すプラットフォームに必須の「」
を理解する アカマイ?テクノロジーズ

クラウドCDN。アカマイはを構築して誰がアカマイに。,クラウド,
比較解説まとめ,コンテンツ?デリバリー?ネットワーク。 アカマイは
を構築して。誰がアカマイにお金を払ってるのですか?

お金を払うのは、基本的にはコンテンツ配信側ですね。アカマイ以外だと、GCP、AWSがもつエッジキャッシュ/サーバという場合や、アカマイ以外のCDN業者も多々居ます。ISPがアカマイのキャッシュサーバを設置しないと、上位プロバイダなどからのトラフィックが増えます。このあたりは基本的には重量課金ですので、ISPはその費用を減らすために、アカマイのキャッシュサーバを置きたい方向感でしょう。ユーザーへのレスポンスも上がり顧客満足度も上がりますので、その点のメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です