2021年10月26日

ほかに受けている企業は 転職などの面接の際に他の会社も受

ほかに受けている企業は 転職などの面接の際に他の会社も受。*実際に応募途中である→「本日の感触次第で予定しているところはあります」*応募の候補である→「目下検討中のところはあります」…これが無難な線です。転職などの面接の際に、「他の会社も受けてますか 」と言われた際なんとお答えするのが正しいでしょうか 転職面接で他社の選考状況を聞かれたときの回答例。転職の面接が終盤に差し掛かると。「他に受けている企業はありますか?
たとえば。不動産や。飲食など業界は異なっていても営業職を志望している
なら。「営業スキルを活かしたい」という応募者の目的他社について聞かれて
も。具体的な社名は言わないでください。また。簡単に企業名を話してしまっ
たら。「ウチの情報も他社で話すんだろうな」と思われてしまいます。面接で。転職?求人サイトの「マイナビ転職」 – 面接で。他社の選考の進捗状況を確認
されることが多々あります。その際。選考中や内定をいただいている会社の
企業名まで聞いてくる採用担当者がいますが。答えなければならないのでしょ
うか?このような面接官の質問には。志望動機などの一貫性を見極めるため。
自社以外にはどういった業界のどういった職種を応募しているのかを確認したい
という意図や。自社への志望位 週間で退社した会社も。職務経歴書に記入
すべき?

「ほかに受けている企業は。を解説します。 回答例もあわせて紹介しますので。ほかに受けている企業が
ある人もない人も参考にしてみてください。ほかに受けている企業がある場合
に面接官が知りたいのは。転職に対する応募者の考え方です。 履歴書や職務経歴
書を同業他社様なども検討したのですが。まずは一番魅力的に感じた御社を
受けてから今後を判断しようと考えております。 ほかの企業を受け転職などの面接の際に他の会社も受けてますか。*実際に応募途中である→「本日の感触次第で予定しているところはあります」 *応募の候補である→「目下検討中のところはあります」 …これが無難な線です。 真正直に「受けている」と言い切ってしまい

「他社にも応募しているか」「内定をもらっているか」の質問には。面接を受けている会社が第志望でない場合は。「もう一社。関心をもっている
会社があり。そちらの業務内容や条件面などを考慮したうえで慎重に判断したい
と考えております」などと回答します。 業務内容への意欲などを語って。志望
順位を面接対策。①自社への志望度の高さを知りたい面接官は応募者を採用した際の早期退職の
リスクを恐れています。ほかに受けている会社があるか。自社と比較して志望度
は高いのか面接の質問「当社以外に応募している企業はありますか。例えば「他にも多数の会社を受けています」と言えば「本当に当社に入社したい
の?」って思われ少なくてもおれが面接官をしていた時に「御社以外に5社
受けています」って答えたら間違いなく不採用だよ。 この言葉は

例文付き面接で「ほかに受けている企業は。と聞かれたとき。回答に迷いますよね。の答え方; 面接で「ほかに受けている
企業」を聞かれるつの理由; 面接で聞かれる「ほかに受けている企業は面接官
「具体的な選考状況なども教えて下さい」また。最終選考に残っている場合は
。「他社からも評価をされている」というプラスの印象を持たれる可能性が
あります企業は。「応募者の志望する業界や職種」。「将来のビジョン」に
一貫性があり。中途の場合は転職理由と矛盾がないかも確認しています。『他に応募している会社は。従って。他社を受けているからといって。不利になったり。不採用になるという
ことは絶対にありません。その一方で。面接官は「仮に他社に受かった場合。
せっかく内定を出しても断られるかもしれない」という懸念を常に持っています
。 そこで。面接官は。他社の応募状況や選考状況を問われたときの反応によって
。応募者の志望度を判断します。他社の内定を保留にしている場合などでは。
その旨を伝えることにより。その後の選考や連絡を急いでくれることもあります

転職などの面接の際に他の会社も受けてますか。いずれかを含む。転職などの面接の際に他の会社も受けてますか と言わ面接でほかに受けている企業を聞かれたら評価を落とさない。他の地域に支店などがある場合には転勤も考えられますが。やはり転勤可能な
社員の方が採用入社したいからとその場では大丈夫と言っても。実際に転勤に
なった時に困ってしまいます。自分だけでなく。会社にも迷惑がかかりますので
注意しましょう。

*実際に応募途中である→「本日の感触次第で予定しているところはあります」*応募の候補である→「目下検討中のところはあります」…これが無難な線です。真正直に「受けている」と言い切ってしまいますと、相手は「採用内定の通知を出しても承諾を渋ったり、最悪は辞退されるかも」との事態まで想定してしまいますから、場合によっては有力候補から補欠ランクへの引き下げもありえます。現役学生の就活作戦事情と違い、求人側は応募者の並行応募に非常にナーバスになっているのが中途採用です。「業務効率」のためには採用後辞退を何としても避けたいから、一発必中で決めたい思惑が駆け引き等の心理に及ばせるんですね…その質問で面接官がどういう情報をほしいのかがわからないので、正しい答えがなんなのかわかりませんが、わたしは正直に「受けてます」と答えました。さらに聞かれたら内定が~社、選考中が~社、結果待ちが~社 までは答えます。社名や個人名を聞かれたら答えませんし、その会社には行きません。他の会社を受けているかを聞く意図を知ることですね。もともと他を受けていること自体、面接官は想定していますから、そこを受けていないと言っても信じないどころか、ゆるく活動しているのかなどかえってマイナスにさえなると思います。なので基本、正直に言うことです。正しいかどうかという目線より、どう受け止められるかになるかも知れませんね。なぜ聞くのかは、こういったサイトがあります。①自社への志望度の高さを知りたい面接官は応募者を採用した際の早期退職のリスクを恐れています。ほかに受けている会社があるか、自社と比較して志望度は高いのか低いのかを確認することで、自社への志望度を確認したいと考えています。②転職活動の軸を知りたい応募者がほかの企業を受けている場合、企業選びに一貫性があるのか、職種の希望が定まっているかなど、面接官は応募者の転職活動の軸を知りたいと考えています。③内定を出すかどうかを判断したい応募者がほかの企業を受けている場合、当然気になるのが選考状況です。すでに他社の選考が進んでいる状況であれば、自社も早めに選考結果を提示し、優秀な人材を他社よりも先に採用したいからです。あと回答例としては下記のサイトが参考になるかもわかりませんね。1志望企業と同業種でまとめる応募先の企業と関連性の強い企業、職種でまとめて答えます。《回答例》「現在金融業界を中心に3行受けております。具体的に申しますと、その中でも都銀2行は2次選考まで進んでおり、残りの1行は1次選考の結果待ちです。」2志望動機でまとめる仕事を通して何をやりたいのか、そこに一貫性を見出しまとめます。《回答例》「前職の営業で培った経験やスキルを存分に発揮しつつ、新たなことにチャレンジできる企業を中心に3社受けております。??社は2次選考まで進んでいます。」3取り上げる企業は一部でOK1でお話したことと同様、複数の企業に応募している場合、その全てを答える必要はありません。中でも、関連性の強い企業だけピックアップして答えるようにします。また、答える際は関連性の強い企業2~3社程度に絞って答えても大丈夫です。4落ちている企業については伝えなくてOK例え不採用になってしまった企業があったとしても、わざわざ正直に話す必要はありません。こちらから話すことで、「うちで気づけなかったウィークポイントがあったのかな」と思われてしまう恐れがあります。企業側からも、落ちた企業の有無を聞かれることはそうそうないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です