2021年9月23日

いわゆる2018 徴用工の原告って何の証拠も 根拠も無く

いわゆる2018 徴用工の原告って何の証拠も 根拠も無く。捏造、デッチ上げ大国の韓国なら当然です。徴用工の原告って何の証拠も 根拠も無く自薦で成れるって 本当ですか スゴイ話だと思うのですが…いわゆる「2018。原告である元徴用工の人たちに損害賠償請求権があるか。もしくは行使できるか
であった。結法条約前文。三権分立は韓国大法院の判決が紛争の原因と
対象になることを退ける根拠に はなりかではないものの。いずれにしても。
紛争の原因?対象となる韓国大法院の判決を国際法上の前提としたものでは
ないため。強制動員に対する慰謝料請求権が含まれるとは認められない。
できる証拠はなく。植民地支配が国際法上の不法であるという主張は今日
においても実定法と元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定。請求権協定をめぐる日韓の対立も。つの自己解釈が対立?併存している状態と
理解できます。本コメントで述べてきたように。日韓請求権協定の解釈としては
日本政府の解釈の方が自然だとは思い

捏造、デッチ上げ大国の韓国なら当然です。徴用工の原告に資料の証拠を義務付けたら原告が誰も居なくなってしまい、募集工だったとバレてしまいます。すると今の支援する市民団体の食い扶持がなくなってしまいます。日本としては一貫して無視あるのみです。インチキですよ、バカチョン!朝鮮 編集、国民徴用令の適用を免除されていた朝鮮人にも適用するとした閣議決定がなされる。その後、1944年9月より朝鮮人にも適用され]、1945年8月の終戦までの11ヶ月間実施される。日本本土への朝鮮人徴用労務者の派遣は1945年3月までの7ヵ月間であった。「強制連行」とみなされることもある。徴用労働者は宿舎を用意され、正当な報酬が支払われていた川辺や湿地帯に集落を造り、賃金も日本人の約半分であったとされる。徴用は朝鮮人の間で人気があり、自らも日本企業での徴用に志願した経験を持つ崔基鎬加耶大学校教授は、三菱鉱業手稲鉱業所が忠清南道で鉱員を募集した際、倍率は7倍に上ったと述べている。戦後、賃金の一部が未払いであったことが問題とされたが、1965年に締結された財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定によって未払い賃金を含めた経済支援が韓国に行われ、完全かつ最終的に解決されたこととするとした韓国政府はこの補償金を個々人にはほとんど支給せず、自国の経済基盤整備の為に使用した。一方2012年5月、韓国最高裁大法院が「個人請求権は消えていない」と判定した。大韓民国の一部にはいまだ納得していない者もおり、いまだに賠償要求をしている。また北朝鮮に対して、賠償をしていないという問題がある。軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」は2015年、国連教育科学文化機関ユネスコの世界文化遺産に登録された。しかし、日本の近代化を支えた歴史的遺産に対し、韓国では反発が起き、17年には虚偽や創作で「地獄島」と位置づけた映画「軍艦島」が公開された。 映画では、過酷な労働を「強制」された朝鮮人徴用工らの存在を隠すため、日本軍が炭坑に閉じ込めて爆破を試み、朝鮮人が集団で命を賭けて脱出を図るという内容が描かれている。史実とはかけ離れた描写が目立ち、韓国人の反日感情を強く刺激している。 だが、実態はむしろ逆だった。 松木氏は、一次資料にあたり、元島民から話を聞いたうえで、「日本人労働者との給料差別はなかった。日本国内の別の炭鉱にいた朝鮮人労働者が『給料がいいから』と言って移ってきたという元島民の証言もある。朝鮮人向けの遊郭まであったことは、労働者に余裕があったことを示している。戦後も『ここの方が生活しやすい』と、韓国から軍艦島に戻ってきた人もたくさんいる」と話す。 日本人労働者と朝鮮人労働者の関係も良好だった。 松木氏は「ほとんどの朝鮮人労働者は徴用ではなく、日本人労働者と同じようなアパートに、家族と暮らしていた。日本人と朝鮮人の子供たちは学校で一緒に机を並べて学んでおり、待遇差は一切なかった。だから、終戦後に朝鮮人労働者が帰国する際には、涙を流しながら別れを惜しんだというのが軍艦島の実態だ」と説明する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です